話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

将軍編 第6話 いい女

それにしても、一生独身って、そんなに傷つく程、相手の奴を好きだったのか?

そんなに思われてるくせに、浮気するなんて、俺が代わりに殴り倒してやりたい。

だけど、そんなことを言えるはずもなく……

俺は、まず、彼女の承認欲求を満たしてやることにした。

「俺は、園部はいい女だと思うぞ」

言ってはみたものの、これ、ものすごく恥ずかしい事を口にしたんじゃないか!?

それでも、今さら、引き返すわけにはいかない。

どんなに寒い台詞でも、彼女の心に空いた穴を埋められるなら、俺がそれを口にする意義はある。

「だから、もう合コンなんかで自分の価値を確認するな。
 あれじゃ、程のいいホステスと一緒だ」

安い居酒屋の飲食代だけで、女と飲めるなんて、男からしたらクラブやスナックに行くよりお手軽でお買い得だろ。

うまくいけば、ホステスより簡単に落とせそうだし。

これは、もう絶対に合コンなんかに行かせちゃダメだ。

どうせ恥ずかしい事を口にした後だ。
ここで一気に攻めよう!

「じゃ、金曜、開けとけ。
 飲みに行くぞ」

「え!?」

彼女は、目を白黒させる。

それでも、この機に乗じて、次のデートの約束を取り付けるんだ。

「お前、どうせ予定空いてたら、誘われるまま合コン行くだろ?」

俺がそう言うと、彼女は、一瞬、言葉に詰まった。

「うっ……
 おっしゃる通りです」

やっぱり……

「じゃあ、決まりな」

俺は、そのまま畳み掛ける。

「えぇ〜!?
 でも……」

と、彼女は、納得いかない顔をする。

「なんだ?
 何か不満か?」

やっぱり、俺とは、いやなのか?

「だって、2人でお出かけって、なんかデートみたいですよ?」

ふぅぅ
そっちか!

それならまだ良かった。


でも……

『デートだよ』

そんな事を言ったら、絶対に来てはくれないだろう。

「じゃあ、これもデートか?」

俺は、質問で返して、ごまかす。

「いえ、違いますけど……」

彼女は、少し首を傾げる。

「じゃあ、問題ない」

俺は、明確な答えを出すことなく、けむにまく。

「それとも、会社でバラされたい?」

「え!?」

「企画部 園部は、毎週合コン三昧ですって。
 くくくっ」

あ……

しまった!

つい、ダメ押しで、言ってはいけないことを口にしてしまった。

言った後で、後悔する。
こんな脅しみたいなことを言って、嫌われたらどうする!?

「っ!!
 それは、困ります!」

彼女は、焦っている。

大丈夫だろうか?

せめて、嫌わないでいてくれると、いいんだが……
 
でも、もう言ってしまったものは、仕方ない。

「じゃ、決まり!」

俺は、開き直って、強引に畳み掛ける。

「はぁ……」

やや曖昧ながら、金曜の約束を取り付けた。

彼女のいる企画部に異動して、その初日にデートらしき食事に行き、なんとか2回目のデートの約束も交わした。

これ、すごくないか?

俺、頑張ったよな!?

うん、頑張ったと思う。

ただ、彼女は全然デートだと認識してないのが、大変残念ではあるけれども……


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く