話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

将軍編 第5話 合コンの理由

彼女とは、やはり2人きりで話したい。

そう思った俺は、いつも世話になっている店員を呼んで、個室を用意してもらった。

個室で2人きりになると、やはり緊張する。

それでも、俺は、精一杯の虚勢を張って、平然と彼女の希望を尋ねる。

「食べたい物、あるか?」

「よく分からないから、お任せします。
 ……あ! 
 でも、鴨、食べたいです。
 それから、納豆は苦手です」

彼女は、物怖ものおじすることなく、ハキハキと答える。

「くくっ
 お前、お任せって言っておきながら、はっきりしてるなぁ。
 お前の辞書に遠慮って言葉はないんだろ?」

その、変に建前で遠慮しないところが、いいところでもあるんだけど。

「えぇ!?
 失礼な!
 私だって、必要な時は遠慮しますよ」

へぇ……
そんな風には見えないけど……

「必要な時?」

「相手が、年下だったり、お金持ってなさそうだったり……」

くくっ
そういうことか……

「つまり、俺は、年上で、金を持ってそうだと思われてるって事だな」

「ピンポン!
 正解です!」

ピンポンって……
ほんとに全く壁がないな。

「くくく
 却って清々しい位に気持ちがいいな」

気持ちいいけど、それはいいことなのか?

いいカモだと思われてるわけじゃないのか?


それでも、彼女は、悪評が定着している俺に対しても壁を作らないし、偏見の目で見ることもない。

たとえ、カモだと思われてるとしても、俺の中で、彼女の特別感がさらに膨らんでいく。

「で?
 言い訳とやらを聞かせてもらおうか」

俺は、本題を切り出した。

俺が合コンの理由を聞くと、合コンに呼ばれる理由だけではなく、彼女の中の合コンに参加する理由を語り始めた。

「実は私、8月に男に振られまして……
 初めは、仕事に集中したいから…っていうよく分からない理由で振られたんですけど、8月末に友人の所に元カレから結婚式の招待状が届いたんです。
 どうも、二股かけた挙句、相手を妊娠させたらしくて……」

はぁ!?
なんだってそんなこと……
サイテーなやつだな。

「悔しいから、合コンで私だってモテるんだぞっていう事を自分で認識したいというか、いい女だって自信を持ちたいというか……」

失恋で自己肯定感が落ちて、承認欲求を合コンで満たしてたってことか。

しかし、それ以上に、彼女の失恋の理由を聞いて、相手の男に対する怒りがふつふつと沸き起こる。

「だけど、もう恋愛はこりごりだから、相手がデートに誘ってくれたら、それをお断りして、さよならにしてるんです。
 私の中では、もう、一生独身の決意をしましたから……」

えっ?
一生独身!?

聞き捨てならない台詞に、俺の中の思考が、一瞬、固まる。

「だから、一生独身のつもりでいるのに、男漁りをしてると思われてるのは、心外というか、納得がいかないので、言い訳をさせていただきたかったんです」

尊厳って言ってたのは、そういうことか……


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く