話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

将軍編 第4話 短いドライブ

30分後、俺が席を立つのを見て、彼女はパタパタと後をついて来た。

俺は、駐車場で追いかけてくる彼女を待つ。

愛車の助手席のドアを開けると、彼女に乗るように促した。

彼女は、少し緊張した面持ちで、おずおずと乗り込む。

そうだよな。
普通、ほとんど面識のない男の車には、乗らないから、緊張するよな。

上司だから信用してるんだろうが、そうじゃなきゃ、何をされるか分からない危険もあるんだし。

俺は、助手席のドアを閉めると、運転席に乗り込み、たまに会食で使う創作和食のレストランに向かう。

ところが、俺が運転していると、彼女の俺をじっと見つめる視線を感じた。

なんだ?

照れるな……

「くくっ
 そんなに見たら、穴が開くだろ?」

俺は、照れ隠しにそんな事を言ってみる。

すると、

「部長、笑うんですね!?」

と、彼女は目を丸くして驚いていた。

まずは、そこからなのか!

「くくっ
 お前は、俺を何だと思ってるんだ?
 仕事を離れれば、俺だって笑うことくらいある」

俺がそう言うと、

「すみません。
 あまり部長が笑ってるイメージがなかったもので……」

と少し落ち込んだ彼女の声。

しまった……

また、彼女を萎縮させてしまったかもしれない。

「まぁ、会社では、そうかもな」

俺は、少しでも優しく聞こえるように、穏やかにトーンを落として話してみる。

すると、なぜか、さっきとは打って変わって、明るく楽しそうな声で話し掛けてくる。

「ねぇ、部長。
 今から、どこに行くんですか?」

それを受けて、俺も答えるが、いかんせん、女性と何を話せばいいのか、よく分からない。

「腹減ったから、メシ」

と、必要最低限の答えしかできない。

けれど、彼女は、そんなことお構いなしで、どんどん話し掛けてくる。

「どこですか?
 私、あんまり手持ちがないんで、出来れば、リーズナブルな所がいいんですけど……」

そうだ。
彼女は、そういう女性だった。

変に気負わなくても、彼女となら大丈夫だと思えてくる。

「くくくっ
 お前、面白いなぁ。
 俺にそんな事言う奴、初めて会った」

俺は、田代たちといる時のように、素の自分でいようと、心に決めた。

「え?
 私、変な事、いいました?」

彼女が、きょとんと、こちらを見ているのが、運転中の目の端に映る。

「いや、別にいい。
 金は気にするな。
 奢ってやる」

初めから、金を出させるつもりなんて、毛頭ない。

「えっ!?
 いいんですか!?
 やったぁ!
 じゃあ、高くてもいいですよ」

かわいい!

素直にはしゃぐ姿は、とても好感が持てる。

でも、普通に、普通に……
俺は、自分に言い聞かせる。

「くくくっ
 お前、そこは普通、
 『えぇ!? いいです。払いますよ〜』
 って言う所じゃねぇの?」

俺は、返事をするものの、もう、何が普通なのかも分からなくなってくる。

「部長は、そういうワザとらしい遠慮する女性が好みなんですか?」

少しふてくされたようにも聞こえる彼女の返事は、とてもかわいらしい。

「いや、思ってもいない事を言う奴は苦手だ」

そんな風に、こびを売る女も。

「じゃあ、いいじゃないですか。
 女の子は誰だって、奢ってもらえたら
 ラッキーって思ってますよ」

彼女は、さも当然と言わんばかりに胸を張る。

「くくっ
 正直だな」

「はい!
 それが私の唯一の取り柄ですから」

「くくく……」

彼女の言動のひとつひとつに、笑みがこぼれる。

そんなこと、自慢しなくても、ちゃんと分かってる。

それに、お前のいいところは、それだけじゃない。



こんな風に仕事以外の会話ができる日が来るなんて、1ヶ月前には思ってもみなかった。


店の駐車場に車を止め、店に入ろうとすると、彼女は、

「わぁ!
 ここ、来てみたかったんですよ!
 ありがとうございます!!」

と、とても素直に喜んでくれる。

こんなに嬉しそうにしてくれるなんて、ここに連れてきてよかった。


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く