話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

将軍編 第1話 合コン

・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・

  9月7日   金曜日

・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・

俺、秦野 将軍はたの しょういは、いつものように高校時代の友人、田代たしろ中川なかがわと一緒に飲みに来ていた。

料理がうまくて、珍しい日本酒が置いてあるこの居酒屋は、とても居心地がよく、俺たちの行きつけになっている。

ただ、不思議なのは、毎週金曜日になぜか同じメンバーで合コンが行われている事。

入り口から見て、左奥は、毎週合コンをしている。

居酒屋で合コンなんて珍しくもないが、女子メンバーが毎週ほぼ同じとなれば、話は別だ。

男を取っ替え引っ替え、ワンナイトラブを求めているのか、理想が高くて好みの男性になかなか巡り会えないのか、理由は分からないが、そんなに合コンする女なんて、俺なら願い下げだ。

男たちは毎週変わるから、まさか今誘っている女が、来週も同じ場所で違う男に誘われるとは思ってもみないだろう。


静かに飲みたい俺たちは、毎回決まって合コンとは反対の右奥の席に座る。

そして、どうでもいい話をしながら、酒を飲む。

ある程度飲んだところで、俺はトイレに行くため、席を立った。


っ!!
園部 爽そのべ さわ!!


いつもの合コンの席に、俺がもう2年以上想いを寄せている女が座っていた。

35歳にもなって片思いとは情けないが、会社の同僚とはいえ、部署が違うので接点も全くなく、アプローチのしようもない。

俺は年上の部下への発言力を維持するため、社内では堅物なイメージで通しているから、気軽に女性社員に声を掛ける事も出来ない。

それに伝え聞いた話では、長く付き合う恋人がいるらしい。


そんな彼女が、何故、合コンに!?

あさりをするようなタイプには見えないのに。

俺は、混乱しながら、席に戻る。

「今、そこに俺の好きな女がいた」

今、一緒にいるのは、学生時代からの気の置けない友人。

だから、俺は、心の動揺をそのまま打ち明けた。

「声、掛けろよ。
 何やってんだよ、情けない」

と田代は言うが、

「無理。合コン中」

と俺はため息をついて、ビールを飲み干した。

すると、中川が

「でも、合コン中って事は、彼氏いないんだろ?」

と言う。

「いや、いるって聞いたぞ?」

それは、間違いないはずだ。

「だったら、別れたんだろ?
 ものにするなら、弱ってる今が、チャンスだぞ?」

田代は、そう、けしかける。

でも……

チャンス?
いや、どう考えても、全く接点がない俺にチャンスがあるとは思えない。

「無理だな。
 同じ会社にいても、部署も違うし、話した事すらないんだ」

そう、俺は、彼女に惹かれてから2年以上、ただ見つめることしかできなかった。

我ながら、全く、情けないとしか言いようがない。

「異動ないのか?
 社長に言って、同じ部署に異動させてもらえよ」

はぁ!?

中川は、無茶苦茶な事を言い始める。
酒のせいで気が大きくなってるのか?

「そんな公私混同できるかよ」

俺は、そう言うけれど……

「お前、あんなブラックな企業で仕事漬けだったから、20代でまともに恋愛出来なかったんだろ?   
 そのおかげで、今じゃ、大企業になったんだから、ここでちょっとくらい、わがまま聞いてもらっても、バチは当たらないと思うけどな」

と田代まで言う。

「きっかけは、色恋の下心でも、お前はどうせきっちり仕事するんだろ?
 だったら、問題ないと思うけどな」

それは……、そうかもしれないけど……

2人から入れ知恵されて、なんとなくその気になる俺は、社会人としてどうなんだ?

俺は、とりあえず、この合コンがうまくいかない事を祈った。



「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く