話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第65話 露天風呂

再び、将軍さんの唇が重なり、私の唇を割って深いものへと変わっていく。

「爽……
 一緒に風呂入ろう?」

「………」

私は恥ずかしくて返事もできない代わりに、こくんと頷いた。

将軍さんが起き上がったので、私も上半身を起こすと、立膝をついた将軍さんは、私をそのまま抱き上げた。

私はとっさに、将軍さんの首に捕まった。

「え!?   あの! ちょっと!
 将軍さん!?
 だから、重いから!
 あの!   下ろして!
 お願い!」

なんで将軍さんは、食べ過ぎていつも以上に重い時ばかり、お姫様抱っこをするの?

私が何を言っても、にっこり微笑んだ将軍さんは、全く下ろしてはくれなくて……

「爽が、逃げるといけないから」

そう言って、将軍さんは、ニヤリと笑った。

なっ、何、言って……

私は、一瞬、言葉を失う。

「逃げないから、下ろして!」

ようやく絞り出した言葉も、全て聞き流され、私は、露天風呂脇の脱衣スペースまで運ばれてから、ようやく下ろしてもらえた。


だけど、それだけでは終わらない。

将軍さんは、器用に私の服を剥ぎ取っていく。

「あのっ……」

将軍さんを止められない私は、おそらく真っ赤になっているであろう顔を見られないように、下を向く。

私から、全ての衣類を剥ぎ取り、生まれたままの姿にすると、将軍さんは満足そうに、

「すぐに行くから、先に入ってていいよ」

と言って、ちゅっと口づけた。

やだ。
あり得ない。

私は逃げるように露天風呂に行き、かけ湯をして、湯に浸かる。

私だけが全裸の状態でキスなんて、恥ずかしすぎる。

キン……と音がするような冬の外気に触れ、少し冷めたのか、ややぬるめのお湯に、私は、肩まで浸かる。

けれど、なぜか湯に浸かっていない顔だけが、茹でだこのように火照るのを感じていた。

そうするうちに、将軍さんも掛け湯をして、湯に入ってきた。

私は恥ずかしくて、1番奥に逃げるように座っていたのに、そんなに広くない個室の露天風呂だから、手の長い将軍さんに簡単に捕まってしまう。

後ろから抱きすくめられながら、湯に浸かっていると、元々茹でだこのようだったのに、さらに違う意味でのぼせそうになる。

「爽……
 綺麗だよ……」

そんな事、耳元で囁かないで……
どうしていいか、分からなくなるから……

将軍さんは、後ろから私の首元にキスを落とす。

そこ、跡が残ると見えちゃう……

そう思いながらも、私には、将軍さんを止めることはできない。

そうするうちに、だんだんと将軍さんの手が、不穏な動きを始める。

「将軍さん……
 あの……
 ここ、お風呂です……」

私は、少し息を乱しながらも、それとなく制すけれど、将軍さんは全く御構いなしに、私に触れ続ける。

「ああ、そうだね」

そう囁きながら、今度は耳たぶを軽く食む。

「……んぁ……」

私が、思わず吐息を漏らすと、将軍さんは嬉しそうに囁く。

「爽、我慢しないで……」

私は将軍さんに翻弄され続け、将軍さんに溺れていく。

今夜、私たちは、いつになく長湯をした。

お湯がぬるめで良かった。



私たちがお風呂から上がると、将軍さんは、自分の髪はそのままに、ドライヤーを持って、私の髪を乾かす。

将軍さんに髪を触られるのは、とても気持ちいい。

うっとりと目を細めていると、

「爽のその顔、めっちゃそそる……」

と囁かれた。


やだ……

今日の将軍さんは、なんでそんなことばかり言うの?

言われた私は、恥ずかしくて仕方ない。

なんて答えていいかも、分からない。


今日の将軍さんは、野獣だ。

私の身も心も溶かして、抗えない私を快楽の淵から戻れなくする。

私たちは、日付が変わるまで、互いの想いを確かめ合った。



「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く