話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第61話 愛してる

日も傾きかけた夕方、16時。

ホテルでのひと騒動から帰宅すると、将軍さんは、玄関のドアを閉めるなり、ぎゅっと私を抱きしめた。

「爽、愛してる……
 世界中の誰よりも、俺が1番爽を……」

将軍さんの声が、今まで聞いたことないような、切なく絞り出すような声だったから、こちらまで切なく苦しくなる。

「私も、将軍さんが好き。
 将軍さんだけを愛してる……」

私は、将軍さんの背中に腕を回して、その温もりを感じる。

きっと、将軍さんにも嫌な思いをさせたんだよね?

将軍さん、ごめんね。

私は、その謝罪の言葉を口にすることなく、ただその思いが伝わることを祈って、ギュッと強く抱きしめる。

口に出せば、きっと将軍さんのことだから、また、私は悪くないって言うに決まってるから。



そのあとすぐに将軍さんは唇を性急に重ねる。

いつもの優しいキスじゃない。

熱に浮かされたように、あっという間に深くなる。

まるで、私がここにいるのを確かめるように……

誰にも渡さないと言わんばかりに……

私も将軍さんの思いに応えたい。

私は、将軍さんのものだと伝わるように……

唇の隙間から忍び込んだ将軍さんの舌に、自分のそれを絡ませ、思いを伝える。

そうしていると、自分の奥に熱が灯るのを感じる。

キスだけじゃ物足りない。

将軍さんが欲しい。

でも、そんなこと自分からは言えなくて……

すると、将軍さんの唇が離れていく。

やだ……

「お願い……、もっと……」

思わず、そうおねだりをすると、将軍さんは、くすりと笑った。

「俺も。
 だから、続きはベッドで」

そう言ったかと思うと、屈んだ将軍さんは、私の膝裏に手を入れて、スッと抱き上げた。

「えっ!?」

これ、お姫様抱っこ!?

私は、慌てて将軍さんの首に抱きついて掴まる。

「あの、将軍さん!
 私、重いから!
 下ろして……」

私は、目の前にある将軍さんの顔を見つめながら、訴える。

「大丈夫!
 爽は軽いよ。
 俺の宝物だから、大切に運ばないとな」

そう微笑む将軍さんは、もういつもの優しい将軍さんだ。

「でも……」

「それとも、爽は俺の腕の中はいや?」

そんなはずない。

私は、首を横に振って答える。

「なら、良かった。
 このまま、ずっと俺のものでいて」

そう言うと、私を抱え直して、そのまま寝室へと向かう。

もしかして、将軍さんも私を欲しいと思ってくれた?

何よりそれが嬉しい。

将軍さんは、私をベッドに横たえると、上から覆いかぶさるように、再び唇を重ねる。

一瞬で深くなり、舌と唾液を絡ませ、互いの熱を交換する。

私たちは、互いを求め合い、自身が相手のものだと伝え合う。

そう、私には、将軍さんしかいない。

今までの人生は、きっと将軍さんに出会うためにあったんだと思う。

だから、もう、将軍さんだけいてくれれば、それでいい。



いつの間にか、すっかり日も暮れた20時。

私たちは、遅めの夕食をとる。

昼に食べ過ぎた分は、2人で仲良く戯れて運動したから、どこかへ行ってしまった。

2人で簡単に料理をして、軽く食べ、そして、食後は、また仲良くそのカロリーを消費する。

いくら求めても、求めたりないなんてこと、生まれて初めて。

私、いつからこんなふうになったんだろう。

将軍さん……

愛してる……


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く