話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第51話 爽!

・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・

  10月15日   月曜日

・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・


翌日。

特に何事もなく、平穏な1日が終わろうとしていた。

ただ、先週の水曜のことがあって依頼、服部さんが、「爽ちゃん」「爽ちゃん」と何かにつけて纏わりついてくる事には、少し困っているけれど。

おそらく、将軍さんも日に何度も話しかけられているのには、気付いているよね。


18時。

仕事を終えた私は、机の上を片付けて席を立った。

「お先に失礼します!」

私が挨拶をして、帰ろうとすると、

「爽!」

と後ろから呼ぶ声がする。

えっ?

明らかに将軍さんの声。

でも、ここ、会社……。

さっきまで、将軍さんは、ちゃんと「園部」って呼んでたはず。

驚いた私が振り返ると、鞄から取り出した鍵を揺らしている将軍さんと目が合った。

フロアに一瞬、静寂が訪れる。

「7時には上がれると思うから、部屋で待ってて」

将軍さんの顔には、普段、仕事中には見せたことのない、優しい微笑みが浮かんでいた。

「……はい!」

私は、喜んで駆け戻り、鍵を受け取る。そして、もう一度、

「お先に失礼します」

と挨拶をして、その場を後にした。


すると、後ろでざわめきが起こるのが、背中越しにでも分かる。

だけど、私は足を止める事なく、会社を出た。


将軍さんは、今頃、どんな顔をしているんだろう?

私はひとりでにくすくすとこみ上げてくる笑いを抑えられず、周囲からへんな視線を浴びながら、将軍さんの家への帰路に着いた。


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く