話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第49話 愛してる……

どれくらいの時間が経ったのだろう。

私には分からないけれど、将軍さんは、しばらくそのまま抱きしめ続けた後、そっと囁いた。

「爽が欲しい。
 爽の全部が欲しい。
 爽…いい?」

将軍さんのこんな熱い告白を聞いて、ダメなんて言える人がいるだろうか。

私は、将軍さんの首にそっと腕を回して抱きついた。

「………うん」

私は、彼の首元に顔を隠して、小さく答える。そんな私を、将軍さんは、ぎゅっと抱きしめてくれる。

しばらくして腕を緩めると、将軍さんは、私を真っ直ぐに見つめる。

優しい瞳に微かに熱を宿して、見つめられると、照れや恥ずかしさと共に、私の奥にも微かな熱がともる。

そのまま、どちらからともなく、唇が重なった。

何度も、何度も、口づけを交わす。

将軍さん、大好き。

こんなに人を好きになれるなんて、思ってもみなかった。


唇が離れた後、将軍さんは、私を膝の上から下ろす。

そして自分も立ち上がると、

「爽、おいで」

と私の腰に手を添えて、奥の扉へといざなう。

私は、促されるまま、将軍さんに従った。

初めて入る将軍さんの寝室。

モノトーンで落ち着いた部屋。

シーツにも一切の乱れがなく、綺麗に整えられている。

将軍さんは、掛け布団をさっとめくると、ベッドの縁に腰掛け、私の手を引く。

並んで腰掛けると、将軍さんの手がうなじに添えられた。

「爽……
 愛してる……」

そのささやきと共に、熱く深いくちづけが始まる。

「爽……」

「爽……」

将軍さんが、何度も優しく私の名前を呼んでくれる。

私は、幸せの海に溺れる。

将軍さん……

愛してる……。



「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く