話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第44話 もし……

「そうか……
 もし、俺がもっと早く言ってれば、結果は変わったのかな?」

将軍さんに出会う前なら、違ったのかな?

……ううん、違わない。

だって、別れてすぐの頃の私は、もう2度と恋はしないって、決めてた。

一生、独身で、仕事をがんばるって。

将軍さんと出会ったから……
将軍さんだったから、もう一度、男の人を好きになれた。

将軍さんじゃなければ、やっぱり、合コン相手と同じように断ってたはず。

「多分、同じだと思う。私は、もう男の人を好きにならないって、決めてたし、付き合ったり、結婚したりしないって決めてたから」

私は、出来るだけ、真摯に思いを伝える。

「今の人を好きになったのも、奇跡だと思うの。だから、他の人のことは、考えられなくて……」

服部さんは、少し悔しそうに顔を歪ませる。

「ふっ、そんなに好きなんだ……。
 でも、俺は爽ちゃんの事、諦められそうにないよ。
 でも、明日からは、ちゃんとただの同僚として、普通に振る舞うから、安心して」

それを聞いて、私はこくんとうなずいた。

「だけど、俺が爽ちゃんの事、想ってるって事は、覚えておいて。いつか、爽ちゃんの気持ちを変えてみせるから」

えぇ!?
諦めてくれないの〜?

さっき、会社では普通に振る舞うって言ったのに。

「そんな事、言われても、困るよ……」

服部さんが、どんなに頑張っても、その思いに応えることはできないんだから……

「困るって事は、ちょっとは意識してくれてるって事でしょ? たくさん、困ってて」

服部さんは、優しく笑う。

でも、そうじゃないよ。

申し訳ない気持ちが募るばかりで、応えられないから、困るんだよ。

でも、そんなこと、本人には言えなくて……


これ、将軍さんに、なんて言おう?
っていうか、言った方がいいのかな?
内緒にした方がいいのかな。




「今日は、付き合ってくれて、ありがとう。
 送るよ」

服部さんは、すっきりした顔で、伝票を持って立ち上がった。

「え?
 いいよ、まだ、電車あるし」

送ってもらうなんて、余計に申し訳ない。

けれど……

「俺が送りたいんだ。家まで送らせて」

結局、私は断りきれずに、服部さんに送られて、家に帰った。

「爽ちゃん、おやすみ」

「おやすみなさい……」

服部さんは、私に指一本触れる事なく、きっちり送ってくれて、そのまま帰っていった。

服部さんを好きになることはできないけど、それでも、やっぱり、紳士だなぁ……


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く