話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第37話 家政婦はいらないけど 

「メシ、作るよ。」

そう言って、私を腕の中から解放した将軍さんは、スッと立ち上がった。

気づけば、外は薄暗くなり始めていた。

「え?
 お料理できるんですか?」

そんなイメージなかった……

「そりゃ、何年も一人で暮らしてれば、できるようにもなるさ。簡単な物ばかりだけどな」

将軍さんは苦笑する。

「ふふっ、
 じゃあ、お嫁さんはいらないですね」

私の何気なく発したひと言に、将軍さんが反応する。

「いや、家政婦はいらないけど、爽は欲しい」

っ!?

どうしよう!?

嬉しすぎて、どうにかなりそう……

「くくっ、
 爽、耳まで赤いぞ!?
 ほんとにかわいいなぁ」

そう言った将軍さんは、キッチンに向かっていた足を戻して、私をきゅっと抱きしめる。


そうしてしばらくして、将軍さんは私を離すと、

「さ、メシ作らなきゃ!」

と再びキッチンに向かった。

「手伝いましょうか?」

私は、将軍さんの背中に声を掛ける。

「爽、料理はできるの?」

足を止めた将軍さんが尋ねる。

「それなりに」

片付けに比べたら、100倍得意かも。

でも、将軍さんは、

「じゃ、今度作ってもらうから、今日は座ってて」

と言うので、私は、

「はい」

と素直に従うことにした。

私は、そのままソファから、料理をする将軍さんを眺める。

将軍さんは、手際よく野菜を洗って刻んでいく。

30分もしないうちに、パスタとサラダとスープが食卓に並ぶ。

「おいしそう!!」

トマトソースのいい香りが充満している。

「いただきます」

私が手を合わせて食べ始めると、その様子を、将軍さんは、目を細めて嬉しそうに眺めていた。


食後、私は手を合わせて言う。

「ごちそうさまでした。
 とってもおいしかったです。
 また作ってくださいね」

すると、やはり将軍さんは優しく微笑んで答える。

「ああ、いくらでも。
 じゃあ、明日も早いし、そろそろ送ってくよ」

そう言うと、将軍さんは立ち上がった。

私も「はい」と答えて、帰り支度をする。


将軍さんは、また車を出して、私のマンションまで送ってくれた。

「今日も楽しかったです。
 ありがとうございました」

私がお礼を言って、車を降りようとすると、左手を彼に掴まれた。

振り返ると、将軍さんが私を見つめている。

「しょう…い…さん?」

「爽……」

将軍さんの顔が近づいてきて、唇が重なった。

何度も何度も角度を変えて重なる唇から、離れ難い想いが募っていく。

「はぁ……、ダメだ……。
 どんどん帰したくなくなる……」

そう呟いた将軍さんは、ぎゅっと私の手を握りしめる。

「……って、俺、大人気ないよな。
  ごめん……」

そう言って、将軍さんは自嘲するように笑うけれど……

そんなことない。

私も、もっと一緒にいたい。

将軍さんが、同じ思いでいてくれることが、嬉しい。


将軍さんは、私の手を離して車から降りると、助手席で茫然と固まっていた私の手を引いて降ろしてくれた。

将軍さんは、ふわりと私を抱きしめて、

「また明日」

と言うと、さらりと離れた。

私は、運転席に乗り込み、去っていく将軍さんを見送ってから、とぼとぼと部屋に戻る。

どうしよう……
毎日、どんどん、将軍さんの事を好きになってく。
28にもなって、こんなに恋に溺れる日が来るとは思ってなかった。

ついこの間まで、もう一生、恋はしないって決めてたのに。

私は、また高鳴る胸を抱えて、寝付けない夜を過ごした。




「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く