話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第36話 涙の後には……

「ほら、コーヒー入れるから、爽はそこに座ってろ」

腕を解いた将軍さんは、そう言って、また、私の頭をくしゃりと撫でる。

「あ、それなら、私が……」

私はそう言うけれど……

「そのうちな。今日は初めてだから、素直にお客さんとして座ってろ」

と言って、キッチンに向かう。

だから、私は、将軍さんが入れてくれたコーヒーを運ぶお手伝いだけした。

私たちは、ソファに並んで座り、DVDを再生する。

まずは、純愛映画。

クライマックスの悲恋に涙が止まらなくなった私の肩を、将軍さんは優しく抱きよせてくれる。

泣きすぎて、化粧も崩れまくってると思われるけど、どうしようもなかった。

「ごめんなさい……
 止められなくて……」

少し落ち着いてから謝ると、

「いや、泣いてる爽もかわいいから」

と、将軍さんは、私の瞼にそっとキスをした。

私が驚いて見上げると、

「爽」

と囁くように私の名前を呼んで、将軍さんの顔が近づいてくる。

私が目を閉じると、優しく唇が重なった。

優しく触れて、そっと去っていく温もり。

私は、それが寂しくて、彼の首に腕を回した。

すると、将軍さんは、私のうなじに左手を添えて、何度も優しくキスをした。

将軍さんと初めてのキス。

それは、とても心地良くて、ずっとこうして触れ合っていたいと思えた。

だから、将軍さんの唇が離れると、なんだかとても寂しくて、私は、つい、

「お願い、もっとして」

とおねだりをしてしまった。

驚いたように将軍さんは私を見下ろす。

「爽……
 お前、煽りすぎ……
 ……爽…愛してる……」

そう囁いた将軍さんは、深い深いキスをくれる。

将軍さんの腕の中で、私はこれ以上ない幸せを感じていた。




「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く