話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第35話 好きが止まらない

私たちは、食後、DVDを借りにレンタルショップへ来た。

私は、今、話題の純愛物と、昔、見損ねたジャパニーズホラーを手に取り、将軍さんに見せる。

「どっちがいいですか?」

「お前、すごい二択を出してくるな。」

将軍さんは、苦笑いをこぼす。

「え?   そうですか?」

どっちもおもしろそうだと思ったんだけど……

それでも、将軍さんは、両方借りてくれた。

将軍さんは、マンションの地下駐車場に車を止めると、私の手を引いてエレベーターに乗った。

5階のボタンを押し、繋いだ手の指を絡める。

ふふふっ
何度目か分からない将軍さんの手が、心地いい。


将軍さんに「どうぞ」と促され、部屋に上がる。

ぅわぁ……

全てがきちんと整理整頓され、ちりひとつ落ちてない。

几帳面っていう噂は、本当なんだ……


どうしよう。

困った私は、正直に打ち明けることにした。

「将軍さん、お話しておかなければいけない事があります」

私は、上がりかまちに立ち尽くしたまま、声をかける。

「何だ? 改まって。なんだか、怖いな……」

将軍さんは、振り返って、怪訝けげんそうに私を覗き込む。

ふぅぅっ
私は、深呼吸をひとつして話し始める。

「実は、私、掃除と片付けが、大の苦手なんです。だから、将軍さん、私の雑然とした部屋に来たら、きっとがっかりして私の事を嫌いになると思います。
 将軍さんは、将来の事も考えてくれてるみたいですが、私と住んだら、将軍さん、きっとイライラし通しだと思うんです」

言っちゃった……。

これで、全部終わっちゃう。
だった2日間。
短い幸せだったな。

けれど……

私の顔をじっと見て、真剣に話を聞いていた将軍さんは、突然、大声で笑った。

「あはははっ
 神妙な顔して、何を言うかと思えば。
 そんなの得意な方がやればいいだけだろ?
 爽が片付けられないなら、爽が散らかす側から、俺が片付けてってやるよ」

将軍さんは、言いながら私の頭をくしゃりと撫でる。

「でも……」

私が言い淀むと、

「だいたい、爽が大雑把なのは、見てれば分かる。でも、だからって、爽の良さは、それぐらいじゃ、なくならないよ」

そう言った将軍さんは、頭の上の手をそのままするりと滑らせて、私の頬に触れた。

「ほんとに私でいいの?」

私は、将軍さんを見上げながら尋ねる。

すると、将軍さんは、

「爽じゃなきゃ、ダメなんだ」

と言って、ぎゅっと抱きしめてくれた。

良かった。
もう、ダメかと思った。

別れる覚悟もしていた私は、幸せな気持ちで将軍さんの背中に腕を回して、ぎゅっと抱きしめ返す。

どうしよう。
毎日、1分1秒ごとに、どんどん、将軍さんを好きになってく。
好きが止まらないよ。

「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く