話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第26話 電話

・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・

  10月6日   土曜日 

・:*:・:・:・:*:・・:*:・:・:・:*:・

翌日。

仕事が休みの今日は、昼まで寝ようと、二度寝を決め込んで布団で微睡んでいた。

ところが、午前9時、枕元でスマホの着信音が鳴った。

「もしもし……」

寝ぼけながらも電話に出ると、

「くくくっ……、おはよ、爽」

と低く優しい声が耳元で響く。

一瞬で目が覚めた。

「おはようございます!」

「ごめん。まだ、寝てたんだな」

優しい部長の声が、耳に心地いい。

「いえ、大丈夫です!」

朝から、電話なんて嬉しい。

「よかったら、今日、出掛けないかな…と思って電話したんだけど……」

「っ!! デート!?」

言ってから、「デート」の響きに恥ずかしくなる。

でも……

「くくっ、そ、デート」

部長がさらっと肯定してくれた。

嬉しい!

「行きます!」

舞い上がった私は、即答する。

「じゃ、迎えに行く。
 10時半ぐらいなら、大丈夫?」

「はい!」

今、9時だから、1時間半あれば、朝ごはんを食べて、化粧もできるよね。

「じゃ、また後で」

ほんの短い言葉も、部長の声は耳に優しい。

「はい。
 お電話、ありがとうございました」

いつも通り、返事をしてから気づいた。
恋人に「お電話ありがとうございました」は変じゃない?

「くくっ、
 いや、こちらこそ、ありがとう。
 じゃ」

と言って、電話は切れた。

部長、変だと思わなかったかな。

少し、心配になる。

けれど……


はっ!
それどころじゃない!


私は、急いで身支度を整える。

何を着よう?

どこへ行くんだろう?

分からないまま、とりあえず、膝丈の淡いブルーのサーキュラースカートを選ぶ。

そこに、白いブラウスとネイビーのショート丈のカーディガンを合わせる。

可愛く見えて、それでいて気合いが入りすぎない感じに見えるかな?

髪は緩く巻いて、ハーフアップに。

初めてのデート…
少しでもかわいいと思ってもらえると嬉しいな。


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く