話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第21話 夜景の見えるバーで

エレベーターが最上階に着くと、部長は私の背中をそっと押してエレベーターを降りる。

そして、そのまま腰に手を添えた。

なんで!?
普通、部下に、こんなエスコートみたいなの、しないでしょ!?

こんな慣れないことをされて、またドキドキが止まらない。

だけど……

不思議と、その手を振り解きたくなるような嫌な感じはしなかった。

なんで?

まだ、初めての会話からわずか3日。

まだ、初対面と言ってもいいくらいなのに……


戸惑う私をよそに、部長は、そのフロアに1つしかない扉を開けた。

やや薄暗いそこは、高級感漂う会員制のバーのようだ。

窓際に、外を向いて配されたカウンター席に案内され、私たちは、並んで窓の外を向いて座る。

「ぅわぁ……」

私は息を飲んだ。
眼下には、星空よりもまばゆい、とても美しい夜景が広がっている。

「綺麗ですね〜」

私が夜景に見とれていると、ふと視線を感じた。

隣を見ると、部長がこっちを見ている。

「な、何ですか?」

「ふっ……」

部長は笑みをこぼす。

「いや、あまりにも素直に喜んでくれるから……」

っ!
笑われた!?

「っ! 単純な女ですみませんね!」

恥ずかしくなった私は、ぷいっと部長に背を向ける。

こういう所に来るような大人の女性は、これくらいのことで、はしゃいだりしないんだろうな。

私ってば、なんて残念なの。


すると、部長は、また私の髪を取って、指に絡め始める。

「いや。素直でかわいいって、言ってるんだ」

えっ……

驚きと同時に、ボッと顔から火が出て、燃え上がるのを感じた。

だけど……

普通に考えたら、そんなの本気なわけない。

「部長! そんな事、誰にでも言ってると、そのうち、刺されますよ? 彼女は、こんな事みんなに言ってるって、知ってるんですか?」

私が怒ると、部長は言った。

「誰にでも言うわけじゃないし、彼女もいない」

……それ、どういう意味?


私がそれ以上、何も聞けずにいると、部長は、ふっと笑った。

「爽は、何、飲む?」


爽!?

名前?
呼び捨て?
なんで?

わけが分からない。

「爽って……」

それだけをようやく絞り出すように言うと、

「名前、爽だろ? 間違ってるか?」

と聞かれ、私はふるふると首を横に振った。

間違ってないけど……

「爽、何、飲む?」

改めて聞かれて、私は、考えることも出来ず、無意識に

「じゃあ、モスコミュールを……」

と答えた。

部長は、手を挙げて、2人分の飲み物をオーダーしてくれる。


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く