話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第16話 コーヒー

昼休みを終えて席に戻ると、服部さんが部長に怒られていた。

「いい加減な仕事をするな! うちの数字が間違ったら会社全体の判断を間違えさせる事にもつながるんたぞ!」

部長の目が、いつにも増して、冷ややかだ。

「すみません」

服部さんは泣きそうな位、うなだれている。

うちの会社は従業員千人を超える大企業だけど、うちの部は、部長以下6人しかいない小さな部署だ。

全員が部長直属の部下である企画部で、服部さんは、チーフを務めるリーダー的存在。

何のミスをしたのかは、分からないけど、あの冷たい目で淡々と叱られるのは、怒鳴られるより怖いかもしれない。

服部さんがようやく解放されたので、私は席を立ってコーヒーを入れにいく。

「服部さん、ドンマイ!」

私がコーヒーを置いて、服部さんの肩をポンと叩くと、服部さんは、

「ありがとう」

と笑顔を向けてくれた。

それを見て、私は笑顔で席に戻り、仕事を再開する。

しばらくして、視線を感じて顔を上げると、部長と目があった。

部長の視線は、何か言いたげな気がするんだけど、実際には何も言わない。

なんだろう?

「部長もコーヒー飲みます?」

私は、自分から声を掛けてみる。

「いや、いい」

部長は、そう言うけれど、なんとなく気になる。

「遠慮しなくていいですよ、すぐですから。今、入れて来ますね」

私は席を立ち、2〜3歩歩いてから、ふと気づいて振り返ると、部長と目が合った。

「あ、部長、砂糖とミルクは要ります?」

「………いや」

部長は一瞬、気まずそうに目を逸らす。

どうしたのかな?
変な部長。

「ブラックですね。ちょっと待っててくださいね」

私はそう言い置いて、パタパタと給湯室へ向かった。

コーヒーを入れて戻り、部長の席に置く。

「どうぞ。って言ってもインスタントなんですけどね。私、座りっぱなしは煮詰まっちゃうんで、時々、席を立ちたいんです。お茶を飲みたくなったら、遠慮なく言ってくださいね」

私がそう言って笑うと、部長も微かに笑った気がした。



その後、みんなに聞いた結果、部長の歓迎会は、明日3日の水曜日に決定した。

当然、金曜日が良かったという声もあったんだけど、部長がダメだと言う以上、仕方ない。

それにしても、何で金曜日はダメなのかな?

私を合コンに行かせないだけなら、歓迎会でも構わない気がするんだけど……

「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く