話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第15話 歓迎会なんて

昼休み。

「ちょっと、爽、どういう事!?」

社員食堂で真由が声を潜めて聞いて来た。

「何が?」

真由が何に怒ってるのか、訳が分からなくて、私は首を傾げる。

「歓迎会よ! やらなくていいって本人が言ってるんだから、やらなきゃいいじゃん!」

真由は、憤慨したように答える。

「えぇっ!? だって、それじゃあ、みんな部長の事、怖い人だと思ったままでしょ? 私、昨日、喋ったけど、そんなに怖くないよ?」

みんなも話してみれば、絶対に印象が変わるはず。

「そりゃ、爽だから!」

「へ?  何、それ?」

真由ってば、何に怒ってるの?

「爽ってば、社長にだって平気で話しかけるでしょ!?」

真由は呆れたように言う。

「まぁ、だって、社長、気さくでいい人だよ?」

部長に比べたら、誰だって話しかけやすいじゃない。

「それが変なんだって。普通は、社長なんて、雲の上の人だから、会釈して通りすぎるだけで、会話なんて向こうから話しかけてこない限り、しないよ?」

真由は、さも当然とばかりに主張する。

「えぇ〜!? そんなの私が社長だったら、寂しいからヤダなぁ」

私はお椀を持って、みそ汁をひと口飲む。

「だから、その感覚を私達に押し付けないで! ムリだから!」

うーん、そんなに嫌なのかぁ。

「大丈夫だって。もし、無理なら、真由は服部さん達男性陣と喋ってればいいよ。私が部長の相手してるから」

私は、妥協案を示す。

「………ほんとに?」

真由は箸を止めて、じっと私を見つめる。

「うん」

「あとで恨まない?」

くすっ。
恨むって……
そんなことするわけないのに。

「全然!」

「約束だよ?」

ふふふっ、こういうところが、かわいいなぁ。

「おっけぃ」

真由はなんとか了承してくれた。
あとは男性陣ね。



「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く