話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第5話 連絡先


合コンが始まって、30分ほど経った。

「ごめん、ちょっとお手洗い行ってくるね」

私は、小声で隣の男性に声を掛けて、立ち上がる。

すると、

「あ、俺も」

とその男性も席を立った。

用を足し、軽く化粧を直して出てくると、さっきの男性は、その場で待っている。

ああ、そういうことね。

私は、彼が口を開く前に、なんとなく察した。

「爽ちゃん、連絡先教えてくれない?」

やっぱり。
よくあるパターン。
合コン慣れしてるのかな。

そんなことを思いながらも、私は白々しく答える。

「えっと……
 通信アプリでもいいかな?」

「もちろん」

男性は満面の笑みで答える。

私たちは、スマホを取り出すと、並んで一緒にフリフリした。


アプリだと、簡単に拒否できるし、何かあっても、アカウントを削除してアプリのIDを変えてしまえば、リセットできてしまう。だから、あとあと楽なのよね。

明日以降、デートのお誘いを受けて、断ったら、そのままブロックが私の中の合コンルール。

ごめんね。

私は、心の中でひそかに謝罪する。


でも、合コンに来る男性陣も、本気で出会いを求めてるとは限らない。

実は、本命の彼女がいる人や、特定の人を作る気がない人だっているはず。


あーあ、前はこんな風にうがったものの見方なんてしなかったのにな。




「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く