話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第4話 合コンに行く理由


それから私は、毎週末、合コンに参加している。

私は、別に新しい恋をしたいわけじゃない。
ただ、私にもちゃんと価値があるという実感が欲しいだけ。

こんなにモテる私を捨てるなんて、もったいない事したわねって言いたいだけ。

二度と彼に会うことはないけれど……。


だから、毎週、大勢の男性から連絡先をもらい、そのうちの何人かの男性からデートの誘いを受けると、私の承認欲求は満たされて、傷ついた心が少し落ち着いた気がした。

我ながら、病んでるなぁ…とは思う。

だけど、実際にデートに行く事はない。

もう恋愛は、したくないの。
あんなに辛い思いをするのは、もうこりごりだから。

下手にデートに行って、つきまとわれたり、勘違いされたりするのもいや。

あくまで、好意を寄せてくれれば、それで十分。それで終わりにしたい。

所詮、合コンだもの。

男性の方も、その段階で脈なしと分かれば、さっさと次に行けるでしょ。

それがせめてもの私の親切だと思ってる。



だいたい、私は、決して美人じゃない。

見るに耐えないほどの不細工だとは思わないけど、どんなにひいき目に見ても、せいぜい中の上くらいだと思っている。

だけど、合コンでモテるのは、中の上。

あまりに美人だと、今どきの男子は、怖気付いて勝負に出られない。

だから、ごく普通だけど、見ようによっては、ちょっとかわいい位が、手を出しやすいらしい。

だから、合コンは、私の承認欲求を満たして、心の傷を癒してくれる。


今日もみんなから連絡先をゲットして帰ろう。




「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く