話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第3話 失恋


私がこんな事をしているのは、親友 由美香のため…というより、私自身の承認欲求を満たすためかもしれない。

私は先月、お盆休みの直前に、失恋をした。

「ごめん。さわの事は、嫌いじゃないんだけど、しばらくは仕事に集中したいんだ」

そう彼から別れ話を切り出された。

「仕事が落ち着くまで待ってるから……。会いたいって、わがままも言わないから……。お願い。別れるなんて言わないで」

納得できない私は、少しでも可能性があるならと、あらゆる条件を出してすがった。

だけど、彼は「ごめん」と言うばかりで、決して私の願いを聞き届けてくれる事はなかった。


なのに……

その2週間後の8月末、共通の友人の所へ結婚式の招待状が届いた。

彼は“できちゃった結婚”するらしい。

仕事なんて、嘘じゃない。

つまり、私は、二股掛けられて、向こうが妊娠したから、捨てられたって事でしょ?

そんな残酷な事実、後から聞かされるくらいなら、正直に言って欲しかった。

そしたら、あの時、すっきり平手打ちでもして、立ち直れたかもしれない。

こんなに引きずることなく、次に進めたかもしれないのに。

「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く