話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

冷たい部長の甘い素顔【完】

くっきぃ♪

第2話 合コン

その日の夜、私は、居酒屋に来ていた。
席数も多く、比較的広いこの店は、私の中学以来の親友、堀田 由美香ほった ゆみかが、雇われ店長をしている。

今日は三連休前で、他のお客さんたちも、ちょっと浮かれているのが見て取れる。

「今日は西中学校の同級生だよ。よろしくね。」

由美香が耳元で囁く。

「了解!」

私は、親指と人差し指を輪にしてOKサインを作ると、笑顔で答えた。


「はい! 自己紹介タイム〜!!」

男性陣の盛り上げ役と思われる小柄な男性の掛け声で合コンが始まった。

この合コンは、男女とも由美香の声かけで、集められている。

由美香が、客寄せの為に、毎週合コンを開いているのだ。

その合コンも、男性陣は毎週入れ替わるけど、女性陣はほぼ毎週同じメンバー。

私は、今月の初めから、毎週のように、週末はここで合コンに参加している。

料金は全て男性持ちという条件で、私たちは客寄せパンダになりに来ている。


「冷たい部長の甘い素顔【完】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く