最果ての国から無謀な開拓を進める英雄譚~発展停止?よし!世界開拓しよう~

柳月翔夜

31話囚われの王族と意志


「ルーク=シアルス、邪魔をするな。そこでじっとしてろ」
ロクル=スピード…これじゃ手も出せない。どうすれば
「そうだ。じっとしてたらお前は助けてやる」
カチャ
「はぁ…アチース」
「任せといてよ兄ちゃん、二度と立てなくするからさ。じゃああっちの部屋行こうか」
壱の太刀、全力・双流岩刃!!!!
ギギギギ!
「お前のレベルの使い手なんて100人は見てきた。調子に乗るなよ」
俺と同じくらいの身長なのに、同じくらいの体型なのに…!重量を感じる!?
「そっちがその気ならオレも行かせてもらうわ。雷神の息吹(サンダーゴッドブレス)」
また雷属性!?前よりも大規模だ
常闇、今回は体貸すぞ
『妾が奪ってしまうぞ?』
「奪ったらどうなるかわかってるよな?」
『すいません』
漆黒閻魔・獄!!
上級魔法に部類される強さだ。
シューーーーッ!


「久しぶりじゃなぁ♪」
「なんだ?このおぞましい魔素は……!
ルーク=シアルス!何をしたんだ」
「おぉ、そうだったな。こやつを倒すんじゃろ?ルーク」ニヤッ
ゾクッ
「どうやったかわからないが、お前ルーク=シアルスではないな」
「さすがじゃな。一度手合わせしたいと思っていたのじゃ、」
壱の太刀、双流岩刃+漆黒閻魔
壱の太刀は色々な魔法に混ぜることが出来る。便利なものだ
バスッ
「なんだ!?」
「これごときも見えなかったのか?蹴ったんだよ。威力が全然なかったみたいだから」
弐の太刀、楓零+漆黒閻魔!!
ゴオッ!
これならどうじゃ!
バスッ
「遅い遅い。これならあと2分あれば倒せるね」
こやつ…予想外じゃ。さすが本戦ベスト64、
シュン!
バゴーーーーーーーーーン!
「かはっ…」ズザザー!
「遅すぎてあくび出そうだよ。もっと強い奴かと思ったけど"期待外れ"」
チリッ!
「…は?」
「ルークを馬鹿にするのは許さないぞ。」
「兄ちゃん、こいつ捕まえるだけじゃ気がすまない。殺すわ」
ブォン!
参の太刀、威陽春+漆黒閻魔・獄
バーーーーーーーーーーーーン!!!!




~王宮玄関~
「アチースの奴…!この王宮を壊す気か!」
「ンンッー!!」
「悪いな。今から王を殺させてもらう」
ベリベリッ
「卑怯よ!催眠ガスなんて、お父様をどうするつもり!?」
ガチャ
「こうするつもりだ。」
バスッ
「アンドート公国の皆様!今から王を自由にさせる権利を与えます!殺さなければ何をしてもいいです。やりたい人だけでも、平気です」
「な!この外道!皆さん、騙されてはいけません!この男はそうやって皆さんを騙しているだけです」
ワーーーッ!
「お父様!」
「ンゴーーーーッ!!」
「お父様ーーーー!!!!あなた達…こんなことしてもすぐに捕まり、処刑されますよ」
「…知っている。だが、それ以上に俺らの夢を叶えることが先だ。」
この男…意志が、スピード兄弟というのはこうゆうものなの!?
バタバタバタバタバタ
「なんだ?!」
「騎士団長!」
「御無事…です…か?」
「何よその血の量!倒れてもおかしくないのに」
「騎士…というのは…主を護る…役目を担っている…ものなのです…安全が確認されなかったら外道を排除するのみ!」
「綺麗事ばかり言いやがって…!カルデラ王国はずっとそうだ!綺麗事ばかりで、他人に濡れ衣…笑わせるな!」
「スピード兄弟、あなた達の計画は狂い始めている。今なら刑が軽くなるわ。もう、」
「黙れ!!俺達兄弟は、お前らのせいで…両親を失ったんだ!スピードの家系はもう終わりだ…子供もお腹の中にいたのに…」
そんなこと…カルデラ王国が?なにか心に引っ掛かる。





~中心世界、ある国~
【今頃スピード兄弟がカルデラを沈めているところか?ククク】
《酒の飲みすぎだ。話すならはきはき¥$<<<¥>{&7}[484》
{あなたも十分酔っぱらってるわよ}
『あらあら、あと"五人いませんわね?"また全員集合できませんでしたね
どこかの国に潜入しているのでしょうか全員の顔を見たかったですのに』
「ここ、いる」
【《{『影うすっ!』}》】
【にしてもスピードの家系は面白いやつらばっかりだ、ククク】
《九音天散答の仕業とも思わずにカルデラと無駄な争いを"¥$[&..';'>[&13》
「デマ、流した、我ら、九音天散答」











~王宮2階~
「はぁ…はぁ…はぁ」
「はぁ…はぁ…はぁ」
残りの体力は五分五分じゃが、力は圧倒的にあちらが優勢。
「ソーシャルホルム!」
バシュッ!
「もういっちょ!」
バゴーーーーーーーーーン!
しかも、徐々に動きにキレが出てきている
このままじゃ、妾達が負けてしまう。なにか牽制逆転の方法があるか…
『一度戻れ!いい作戦がある。アチースが来た瞬間に戻れ』
意味がわからんが、仕方ない。任せるが、ミスをしたら許さんぞ?
『泥船に乗ったつもりで安心してろ!』
大船じゃな。泥は安心できない。ただ汚いだけじゃ
「なにもしてこないならこっちから行くぞ!」
『ギリギリまで距離を縮めろ』
本当にギリギリにするぞ   ニヤッ
シューーーーッ


伍の太刀、音速の檻(おんそくのおり)!!!
スッ!
バシュッ!
「グハッ…!」
ヒューーーーードガーーーーーーン!
土壁にめり込んでる。これは勝ったな
「この作戦を終わらせるわけには…いかない」ユラッ
これでも立つのか?!全力で飛ばしたはずなのに…ベスト64というのはここまで、本戦出場者はここまで強いのか!
「来い!全身全霊で、答えてやるよ」
これはキツイ…な
『人間はなぜか怒りの感情よりも落ち着いているときの方が強いのじゃな』
常闇、気を引き締めていくぞ!
『そっちこそ相手に気をとられずにやるんじゃな。』










活動記録
①ルーク=シアルスVSアチース=スピード
②騎士の意地
③九音天散答の企み
④本当の戦い
⑤泥船に乗ると沈む









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
九音天散答が出ましたね。スピード兄弟も一人一人意地があるようで、長い戦いになっています。そしてハートが90いきました!
この一週間で大分増えた気がします。目標を立ててから1ヶ月…ハートの次の目標を決めました!
それは… ハート300です!有名な人はすぐにいくようですが、自分は初投稿作品です。時間は大分かかる予定なので、じっくりやっていきたいと思います。今月中には100いくと思うのでそれからも次の目標について歩んでいきたいです
ではまた次の話で~

「最果ての国から無謀な開拓を進める英雄譚~発展停止?よし!世界開拓しよう~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く