最果ての国から無謀な開拓を進める英雄譚~発展停止?よし!世界開拓しよう~

柳月翔夜

14話異変とWORLD

「サンダーバード!」
中級魔法!!いとも簡単に…これが元五聖人、比べ物にならない強さ!
「おい!ルーク、まず俺からやる!」
「でも、怪我が!血も」
「こんなの直った!かはっ…」
…直ってねぇー…
「とにかくこれは俺の相手だ~!」
「わかりました…島の皆さん!刀を守りにいってください!エリザも!」
「でも、主は!?」
「ジンさんのスペアみたいなものだよ。大丈夫!絶対帰る」
「サンダーバード、行け!」
来る!
「ウォーー!ぐぅっ!」ビリビリビリ
バタッ
「まぁ、あの傷じゃそうなるよね。次は君か?」
一瞬で…ゾクッ。この場から逃げたい…足がすくんで動けない…


圧倒的な力を前にして人は逆に冷静になる…
縮地・瞬!風の刃(ウィンドカッター)
ビュン!
「はやっ!?」ズズーッ!
「いてて…子供で下級魔法とか…ヤバイな。でも、サンダーバードで沈めてあげるよ」
「サンダーバード!!」
体が壊れてもいい…!ありったけの魔素を
「光喰らい!」(シャインイート)
シュー…   体が…!無理に動きすぎた…
「ヒェ~…闇魔法でも…それは中級だよー?こっちも少し本気を出すよ」ニヤッ
「ファイヤーバード!サンダーバード!」
同時に二つの中級魔法を!
「これからだ!」ジューー!
合成!?
「プラズマバード!」(炎雷の鳥)
上級…魔法…終わった?俺の開拓の夢が!
「ちょっとまてー!」
誰だ…?!
「打ち砕け!プラズマバード!」
ゴゴゴゴ
ヒュッ
「「鏡!?」」
「魔道具No.4魔法反射初号機!」
ビリビリビリビリパチパチ
ググググ……バーーーーーーーン!!!!
「はは…それは…反則だろぉ…」
バシューーーーーーーーーーーーン!
「リープさん…!?」
「よく…耐えた。あ、ジンは死んだな」
「死んで…ねぇよ」ガクガク
「生まれたての子鹿みたい!」
「あとで…殺す!」
「反射初号機で殺し返してやる」
「はは…」バタッ

現時刻  21:35


~マルシー島、地下999m~
カツン、カツン
「ハァッ…あいつら…あとで倒す!この天翔竜で、」ガシッ
「ぐあっ!なん、これ煌刀…じゃねぇ!
呪刀…だ」バタッ
『久しぶりに誰かの手に触れたのう、天翔竜とはなんじゃ?妾は呪刀、常闇竜じゃのに』(とこやみのりゅう)

グラッ
『崩れ、ギャーーー!』





激しい戦いから約2時間後
現時刻23:40
「ん?シトップは!!!オエッ」
「主さまー!よくご無事で…うぇーん」
久しぶりの大きい…いやいや!エリザ
「心配したんだからね!」
「ニーナも…ありがとな」
「なぁなぁーなんでルークそんなにモテてんだよー」
「あはは、皆無事でよかった…シトップはどうなったのですか?」
「あのあと地下1000mで見つけられて天翔竜が見つけられたのですが、触れたらたちまち人が倒れると言う呪いに…」
「それは呪刀だね。ここに乗ってるけどたぶん似てる、常闇竜だと思うよ?」
「呪刀!!?今すぐ行かなきゃ」
「大丈夫…だ。俺が箱に封じ込めた」
「ニーナのお父さん!?早く離さないと死にますよ!」ガシッ
「お、おい!呪いが!」シーン
『な、なぜ効かぬ!?妾の呪いが』
「しゃべった~!…これ折ろうかな~?」
『ス、ス、ストップ!お前は斬ってほしいものがいるのか!?言うことを聞くからやめてくれ~!!』
「何でも聞く?」
『何でも…聞く』
ニコッ「じゃ俺の物になってよ」
「「「えぇー!?」」」
「主様正気ですか!呪刀ですよ?」
「やめた方がいいぜー。また封印しよう」
『妾が人間ごときのものじゃと?ふざけるな!』
「いーち、に~、さーん、の!」
『すいません!なります!あなたの刀になります!』
「じゃあ俺が斬ると思ったものしか斬らないと約束」
『う、うむ』
「人間の姿にはなれないのか?」
「呪刀と話してる…王国に就いていたけどこんなのはじめてだわ」
「王女、ご無事でしたか。カルデラ王国の人間は大体の人が軽症でした」

ドロン
『これで…いいか…』
「か、可愛い!」
「ジンは幼女好きか…やれやれ」
「なんだと?!やるかチビ!」
グサッ!「あぁ、返り討ちにしてやる」
黒い髪のポニーテール…紫色の綺麗な瞳に
小さい…ゴホンゴホン!
『屈辱だ…人間ごときに…』
これで一安心だな。危ない組織にも盗まれない。
「この刀貰ってもいいですか?島の長さん」
「まぁ、呪刀は置く必要ないからな…」
『…』

なでなで
『なんじゃ!?何をする!』
「髪サラサラだなーって」
『触るな!この!』
「全然届いてないぞ~」
『妾の方が年上なのに…』
「5歳じゃないの!?」
『違うわ!』
「まぁ、5歳でいいや」
『なんだと!?お主は何歳なんじゃ!』
「あと10分で6歳だ~」
『ぐっ…うぅ…こいつ嫌いじゃ~泣』
「あーよしよし、主様言い過ぎですよー」
「島のみんなに変なことするからだ」
『エリザは優しいのじゃ!』
「やれやれトコヤミはうるさいなぁ」
『トコヤミって言うな!』
こうしてアンドートの襲撃は幕を閉じた

活動記録
①ルーク、シトップを敗る
②アンドートとの決着
③常闇竜を仲間に
④ジンは幼女好き?






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遂にアンドート襲撃編終わりました…当時の予定だと20話で終わる予定でしたが2話分を1話に無理矢理つめて長い回を続けた結果14話で終わりました。新しい仲間、常闇竜が入って。次回は今回のタイトル通りWORLD、世界について語ることが多くなるでしょう。
楽しみにしてくださるとありがたいです

「最果ての国から無謀な開拓を進める英雄譚~発展停止?よし!世界開拓しよう~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く