最果ての国から無謀な開拓を進める英雄譚~発展停止?よし!世界開拓しよう~

柳月翔夜

第一章1話発展停止の異世界に転生してしまったので世界を制覇していきます

俺は昔から偉人などに憧れていた。「俺も開拓したいな」とか「この時代に生まれたい」
とか…だが…俺はごく普通のサラリーマン…そしてついさっきトラックに引かれて死んでしまった…

~謎の白い空間~
『あのー回想シーンはそこら辺でいいですか~?』
「誰だ!」
『よくぞ聞いてくれました。私は女神、まぁ下っ端なんですけど…貴方は死にました』
こんなあっさりして死を宣告されたのは俺が初だろう

~説明中~
「つまりはあなたのミスで俺が死亡して、お詫びに新しい世界に生まれ変わらせるからついでに文明開化をしてほしいと?」
『貴方頭良さそうなのに意外に頭悪いんですね…短い説明なはずが20分もかかりました。』
でもなんで俺なんだ?特別なことなんてできないのに
{それはですねー}
「ビックリしたー!!脳内に語りかけないでくださいよ。」
『貴方が選ばれた理由は、』
ゴクリ…
『私の手違いで貴方の魂をあの世に送り忘れたのです』


グリグリグリ!!!
『ギャー!仮にも私は女神ですよ!?何てことを…はぁはぁ…』
こいつ…ミスばかりじゃないか!
『っていうわけで貴方には発展途上、いや発展停止の世界に行ってもらいます』
発展停止…ねぇまぁやれるだけのことはやるか。今度は悔いが残らないように
『ステータスも高くしておきますね』
「ステータス何てあるのか!」
バシーン!鈍い音がなった…
『その説明10回しましたよ!!はぁ…知力は今の100倍っと。』

俺はカルデラという国に生まれるらしい。というかその国しか見つけられてないらしい。これが発展停止か…
『ではでは~♪お願いしまーす! 』
イラッ
自分がやったことなのにもう忘れたのか…?!
カァッ!!!!


~カルデラ~
「オギャー!」
「産まれたわ!」
「よくやった!マリン…ありがとう!」
あれ?喋れないな
「オギャ、うきゃぁ!」
え、これほんとに最初からスタートなの?
ここから俺の冒険が始まったのだった

これは元サラリーマンの俺が発展停止の異世界開拓をする物語である











「最果ての国から無謀な開拓を進める英雄譚~発展停止?よし!世界開拓しよう~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く