恋を知らない小鳥~幼馴染の愛に包まれて~

安里紬@書籍発売中

駆けつけてくれるのは、いつだって


静寂の中に響く時計の秒針が煩わしく感じ、詩陽は耳を塞いだ。

甲斐と一緒にいるよりはいいが、一人になると悪いことばかり考えてしまう。

「もう、帰れないのかな……」

いや、それよりも。

「伶弥に、もう二度と会えないのかな」

そう思うと、止まったはず涙が零れてくる。

先程から、詩陽は何度もこの繰り返しをしていて、心身ともに酷い疲労感を感じ始めている。

視線を上げると、甲斐の狂気を目の当たりにしてしまうせいで、ずっと俯いているから、気分もどんどん落ちていく。

相変わらず吐き気があって、めまいもあるし、呼吸にも違和感がある。

完全な過呼吸を起こしていないだけ、まだいいかもしれない。

膝を抱き寄せて、更に小さくなった時、コンコンとノック音が聞こえた。

詩陽の体は飛び跳ね、後ろにあった壁に肩を強打した。

「詩陽、パンを食べよう」

鍵を開ける音の後、ドアから顔を出した甲斐がパンの袋を見せてきた。

「いりません」

「パンを楽しみにしていたでしょう? おなかも空いただろうし」

「楽しみしていたのは、貴方と食べるパンじゃない!」

思わず叫んでしまい、我に返った詩陽は慌てて口を塞ぐ。

「じゃあ、何を楽しみにしていたの? 僕と食べるパンじゃない? だったら、誰と食べるつもりだった?」

口を一文字にした甲斐が一歩ずつ、詩陽に近寄ってくる。

背後が壁になっている詩陽には、もう逃げ場がないというのに。

失言だったと気付き、詩陽は口を塞いだまま、激しく首を振る。

「詩陽の可愛い声を聞きたいのに、そんなふうにしたら、聞けないな。ほら、詩陽。言ってごらん? 僕とパンが食べたいって」

口が裂けても言いたくない。

可愛いと言われる声を出すことすら、強い抵抗感がある。

手の中で唇を噛み締めると、鉄の味が口の中に広がった。

いっそ、舌を噛んで死んでしまった方がいいかもしれない。

こんな男に人生を奪われるくらいなら、そうしてしまった方が幸せな気がする。

詩陽は自分の思考がおかしくなっていることに気付くことなく、目の前に跪いた甲斐を睨みつけた。

「そんな顔もできるんだね。いいね、ますます好きになっちゃうよ」

ニッと口角を上げて笑う甲斐を見て、詩陽は不快感から背筋を震わせた。

一体、何をすれば幻滅してくれるのだろう。

一体、どう返事をするのが正解なのだろう。

このままでは精神的にどんどん追い詰められていき、近いうちに完全に壊れてしまうに違いない。

「帰らせて」

「詩陽のお願いでも、それだけは聞けないな。それ以外なら、聞いてあげるよ」

詩陽は甲斐を睨みつけたまま、最適解を探してみるものの、やはりこの状況で冷静になれるはずもなかった。

何一ついい案が浮かばず、目元が熱くなっていく。

だが、涙だけはグッと堪えた。

こんな男の前で泣けば、また気持ち悪い反応が返ってきてしまうかもしれない。

「詩陽は意外に強情なんだね」

そして、また「可愛い」と呟き、甲斐は詩陽に手を伸ばしてきた。

詩陽は焦って、床に手を突き、横に這ったが、空回りした体はほとんど移動することなく、呆気なく腕を掴まれてしまった。

「やっ、離して」

「これから二人で生きていくんだよ。そんなふうに逃げたって、詩陽が僕のものであることは変わらないのに。それとも、そういうのが好きなの?」

甲斐は首を傾げながらも、腕を離す気配はない。

そういうのがどういうものか、詩陽には理解できず、返事をすることもできない。

変なことを言えば、墓穴を掘ることになりそうだ。

詩陽はただ繰り返し、首を振って、腕を振り解こうとした。

細身で力なんてなさそうなのに、腐っても男だ。

小柄の詩陽ではその腕を緩めることすらできなかった。

「まあ、今は一緒に居られることになって、胸もいっぱいなのかもしれないね。パンはもう少し後にしようか」

そう言うと、甲斐は腕を離したため、詩陽は動きにくい体を叱咤し、必死に部屋の隅まで這った。

その様子を見つめていた甲斐がまた何かをするかと思い、身構えていた詩陽だったが、甲斐はそのまま踵を返し、部屋から出て行った。

ドアが閉まり、鍵がかかるのを待って、詩陽はほうっと息を吐いた。

先程までは、鍵がかかっていることを絶望していたが、今となってはありがたく思う。

甲斐を突き飛ばして、その向こうにあるドアに突進するのもアリだっただろうか。

もっと行動を起こせばよかったかもしれないが、甲斐を目の前にすると、体も思考も委縮してしまって、何もできなくなってしまう。

詩陽は膝を抱えて座り直し、頭を乗せて小さくなった。

何か、逃げ出す作戦を考えなければならない。

詩陽が逃げることを諦めてしまったら、本当の終わりが来る気がする。

本当は伶弥に助けに来てもらいたいと、何度も自分勝手なことが過っている。

居場所がわからないのだから、助けに来るなんて不可能だし、それ以前に、都合よく頼ってばかりの自分にも嫌気がさす。

自分の問題なのだから、自分で解決すべきだ。

そう思い、挫けそうになる心を必死に奮い立たせた。




気を張り続けるのも、そのうち限界はやってくる。

今が何時かはわからないが、数時間は経ったようだ。

伶弥も、そろそろ詩陽がいないことに気付いたかもしれない。

夕飯を作って、帰りを待ってくれているのではないか、と思うと、ものすごく会いたくなるから困ったものだ。

伶弥と一緒に暮らす前は、毎日一緒にいたわけではない。

それぞれの生活があったし、会えない時間も特別寂しいとは思わなかった。

それなのに、今は数時間会えないだけで、もうこんなにも会いたくなっている。

「伶弥にぎゅってしてもらいたい」

会うだけでは物足りない。

抱き締めて、頭を撫でて、キスして欲しい。

優しい顔だけでなく、熱のこもった瞳に見つめられたい。

際限なく欲張りになっていることに気付き、詩陽はこつんと頭を叩いた。

その時。玄関のチャイムが鳴り、詩陽は息を止めた。

「一人暮らしなんだから、お客さん? それとも、宅配かな……」

助けを求めるチャンスかもしれない。

ここは玄関からそれほど離れていないから、大きな声を出せば聞こえるはずだ。

詩陽は甲斐の足音を聞きながら、両手を強く握り締めて、ドアの近くまで移動した。

玄関の開く音がして、小さな話し声が聞こえる。

ごくりと息を飲んで、大きく息を吸い込んだ。

「た」

「詩陽!」

詩陽が「助けて」と叫ぶよりも早く、ずっと焦がれていた声が詩陽を呼んだ。

「伶弥! ここ! ここにいるよ!」

詩陽は叫びながら、ドアをどんどんと叩く。

古い木のドアはガタガタと揺れるが、詩陽の力では開けることはできなそうだ。

だが、すぐそこに伶弥がいる。

「待ってろよ!」

叫んでいる伶弥の声ははっきり聞こえるが、甲斐の声は聞こえない。

何かを話している様子はわかるのに、内容がわからずに気持ちだけが焦る。

ドアを叩き続けていると拳がだんだん痛くなっていくが、何もできない今はやめることができない。

「どけ!」

聞いたことがない伶弥の乱暴な言葉に、詩陽は目を見開き、ドアを叩くのを忘れてしまった。

耳を澄ませていると、何かがぶつかる音がした後、慌ただしい足音が聞こえた。

「詩陽! ドアから離れろ!」

伶弥の声が聞こえた瞬間、詩陽は考えるよりも先に、後ろに飛び退いていた。

すると、まるで退くのを見ていたかのように、大きな音が響き、ドアから強い衝撃が伝わってきた。

一瞬の静寂の後、ドアが内側に向かって倒れてきて、その向こうに伶弥の姿を見ることができた。

「……伶弥」

「詩陽、来い!」

伶弥が両手を広げたのを見た詩陽は、迷うことなく床を蹴った。

勢いよく飛び込んできた詩陽を、伶弥は危なげなく抱き留め、力強く抱き締める。

詩陽はすっかり慣れたいい匂いを胸いっぱいに吸い込み、その胸に頬を摺り寄せた。

「遅くなって、ごめん。何かされなかったか?」

「ううん、来てくれてありがとう。私はただ閉じ込められていただけだから、大丈夫」

それだけでも全く大丈夫ではなかったが、詩陽はこれ以上、伶弥に心配をかけてくなくて、精一杯虚勢を張った。

伶弥の大きな手が詩陽の頭を撫でると、固まっていた体と心からゆっくりと力が抜けていく。

「何、勝手に詩陽に触っているんだよ!」

突然聞こえた声に、詩陽は伶弥の腕の中で飛び上がった。

そんな詩陽を宥めるように、伶弥の手が何度も背中を擦ってくれる。

「お前の方が勝手に連れ去って、閉じ込めてるんだよ!」

伶弥の怒鳴り声が、体にビリビリと響く。

こんなに怒っている伶弥は始めて見た。

詩陽は伶弥の服を掴んでいた手を背中に回し、ぎゅっとしがみつく。

「私は、貴方のものじゃありません。貴方と一緒に住むことはないし、もう会うこともありません」

詩陽はすっかり震えの止まった手で伶弥の感触を確かめながら、甲斐を真っ直ぐ見据えて言い切った。

一人では言えなかった。

結局、伶弥の存在が、詩陽を強くするのだ。

「僕たちは愛し合っているでしょう?」

甲斐は血走った眼で言うと、詩陽の方に手を伸ばした来た。

それを伶弥が叩き落す。

「汚い手で、詩陽に触るな!」

「お前が言うなぁぁぁ!」

目を吊り上げた甲斐は聞いたことない程の大声で叫び、ポケットに手を突っ込んだ。

詩陽はそれをなんとなく見ているだけだった。

伶弥がいれば、もう大丈夫だと、どこかで思っていたのだ。

相手が罪を犯している男で、何をするかもわからないような人であることを忘れて。

甲斐がポケットから出した手に持っていたものを見ても、すぐに状況を理解できなかった。

非現実的で、それが自分の目の前で起こっていることだと実感が持てなかった。

「僕のものだぁぁぁ!」

甲斐の叫び声が耳に刺さり、バタフライナイフが迫って来て、初めて状況を理解した。

「詩陽!」

伶弥の切羽詰まった声が聞こえた瞬間、詩陽の体はより強く抱き締められていた。

そして、ドンと強い衝撃を感じ、詩陽の精神は限界を超えた。

暗転していく視界に伶弥の顔が見えた気がするが、表情まではわからなかった。

「伶弥……」

伶弥の無事を確かめたいのに、どんどん感覚はなくなっていき、遂に、詩陽は暗闇へと落ちてしまった。





「恋を知らない小鳥~幼馴染の愛に包まれて~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く