恋を知らない小鳥~幼馴染の愛に包まれて~

安里紬@書籍発売中

いなくなった詩陽


伶弥はデスクに置かれた書類から目を離し、今は誰もいないフロア内を見回した。

昨夜、とうとう詩陽を抱いた。

気付いた時には詩陽に想いを寄せていたのだから、片想い歴はかなりの長さを誇っている。

鈍感な詩陽に伶弥の想いがどの程度、届いたのかはわからない。

伶弥にも、これまで冗談のように伝えてきた自覚があるから。

それは恋愛方面に疎く、男性恐怖症になってしまった詩陽を思えば、仕方ないことだったと思っている。

距離を置かれるよりは、想いが伝わらない方がいい。

そう思ってきた。

「それにしても、昼間の詩陽はな……」

昼休みに廊下で騒いでいる詩陽たちを見た瞬間、会議前で時間がないというのに、つい声をかけてしまっていた。

何かを疑っていたわけではないが、昨日の今日だ。

エッチが下手だったとか、気持ち良くなかったなどと言われていたらと思うと、気が気ではなかった。

結局、騒ぎの内容を把握できるどころか、仲は良くないとまで言われてしまった。

詩陽が二人の関係を周囲に隠そうとしていることは知っている。

やはり嫌われている伶弥と仲がいいと思われると、仕事しにくくなるのだろう。

自分は何を思われても構わないが、仕事が大好きな詩陽の居心地が悪くなるのは全力で避けたい。

いつもなら全速力で仕事にキリをつけ、夕飯づくりのために帰宅するのだが、今日はどうしても不安でズルズルと会社に居残っている。

「どこが鬼上司なんだか」

伶弥ははぁっと大きな溜息を吐き、腕を組む。

背もたれにもたれると、古い椅子が軋む音が鳴った。

こんな情けない姿、詩陽には絶対に見られたくない。

悩んでいる姿も、落ち込んでいる姿も。

伶弥には塩対応の詩陽ではあるが、本当は心配性であるこも、優しいこともよく知っている。

もし、自分が原因で伶弥が悩んでいると知ってしまったら、とんでもなく気にして、落ち込むことになるだろう。

だから、へらへらと笑って帰れるようになるまで、伶弥はこうして仕事をして過ごしているのだ。

とはいえ、先程から、詩陽のことばかり考えていて、仕事にならないのだが。

伶弥は腕時計を確認し、コツッと文字盤を突いた。

すでに十九時半だ。

いつもなら、夕飯を食べる時間である。

詩陽はいつも通りの時間に帰って行ったから、今頃困っているかもしれない。

いや、もしかしたら、料理しようと奮闘している可能性もある。

「下手なのが、また可愛いがな」

伶弥はククッと笑い、先日作ってくれた料理を思い出した。

一生懸命作ったことはわかるし、恐らく作り方も間違ってはいない。

それなのに、昔から詩陽の料理はイマイチ美味しくならないのだ。

「逃げていたって、何も解決はしないな」

そろそろオネエの仮面を被ることができそうだ。

被らないと、がっつきそうで怖い。

詩陽一筋で生きてきた伶弥は、当然、昨日が初めてだった。

上手くできるか不安ではあったし、気持ちよくしてやれるか、心配でもあった。

何より、初めてだと知られるのは絶対に避けたいことだったから、とにかく必死だったのだ。

上手くいったかはわからないから、こうして帰るのが怖いわけだが、いつまでも帰らないわけにもいかない。

とにかく平然を装って帰るしかない。

伶弥は何度目かわからない溜息を吐き、重い腰を上げた。





「ただいま、詩陽?」

玄関を開けると見えるはずのリビングの灯りが、今日は見えない。

リビングのドアは擦りガラスの部分があって、必ず光が漏れてくるはずなのに。

伶弥は言い知れぬ不安を感じ、足早にリビングのドアを開けた。

ヒンヤリとした空気は、朝から一度も温かくなっていないことを窺わせ、部屋の至る所を確認しても、物が動いた形跡のないことが、詩陽の帰宅を全否定していた。

「詩陽!」

呼んでも無駄なことはわかっているのに、伶弥は何度も詩陽の名前を呼びながら、家の中を見て回った。

リビングはもちろん、キッチンもダイニングも、詩陽の部屋も伶弥の部屋も。

洗面所と浴室にもその姿は見つけられず、トイレまで見たところで、遂に伶弥は頭を抱えて、その場にしゃがみ込んだ。

「もしかして、怒って帰った……?」

むかつくほど痛かったとか、実はすごく怖かったとか。

伶弥の中で、様々な可能性が飛び交うが、どれが答えなのかは判断できない。

「もう近寄るなって言われたら、どうするんだよ」

伶弥は深い溜息を零し、ガシガシと頭を掻く。

ずっと我慢してきたのに、西村と仲良くしているところを見て、限界に達してしまったのだ。

少しずつ、少しずつ、自分にだけ慣らしていくはずだったのに。

「俺のことはどうでもいいか。今、一人にしておくのはまずいな」

詩陽の隠し撮り写真と怯える詩陽を思い出し、伶弥は勢いよく立ち上がった。

謝って許してもらえることでありますように、と内心で祈りつつ、リビングに放り投げていた鞄からスマホを取り出した。

呼び出し音が止み、留守電の音声が流れるのを聞くと、脈拍が急速に速くなった。

今は二十時を過ぎようとしている。

詩陽が会社を出たのは、ほぼ定時だっただ。

詩陽はもともと物欲もないし、飲み歩くタイプでもないため、仕事以外で帰宅が遅くなることは滅多にない。

強い焦燥感に襲われ、伶弥はリビングの中をウロウロと歩き回る。

何気なく見たローテーブルの上に乗っている柴犬の置物に気付き、それを手に取った。

二人で百円ショップに行った時に、珍しく詩陽が気に入ったものだった。

もっといい物を買ってやりたいのに、詩陽が欲しがる物はいつも安いものばかりで、プレゼントになるような物を強請られたことがない。

伶弥は柴犬を手の中で転がし、行方のわからない詩陽を思い浮かべる。

行先を言わずにいなくなっただけでもおかしいのに、電話にも出ない。

考えたくはないが、まず間違いなく、トラブルに巻き込まれている。

伶弥はソファーに座ると、再びスマホを操作し、詩陽を呼び出してみた。

そして、諦めかけた時、プッと音が途切れたため、伶弥は耳にスマホを強く押し当て直した。

「詩陽! 今、どこにいる!?」

思わず大きな声になってしまったが、うるさいと怒られたら、それも併せて謝ればいい。

帰って来ない理由を聞き出し、謝るなりフォローするなりして、ここに帰ってきてもらわないと困る。

伶弥が耳を澄ませていると、ククッと低い笑い声が聞こえた。

「誰だ!」

耳に入った瞬間、反射的に怒鳴り、立ち上がっていた。

ソファーからぎゅっと革の軋みが聞こえ、それと重なるように、大きな鼓動が体の中で騒がしく響いた。

「可愛い詩陽は、僕のものだ。ずっと狙っていたのに……横取りしたのはお前だ」

「ふざけんな! 詩陽はお前のものじゃない。今どこにいるんだよ。詩陽を出せ!」

詩陽のスマホに男が触っている。

それが、どれだけ異常な状況であるかは考えるまでもない。

伶弥は耳を澄ませて、男の言葉以外の情報も得ようと試みた。

だが、電話の向こうは静まり返っていて、詩陽の気配すら感じ取れない。

「僕と詩陽の新居だよ。二人きりの新しい生活が始まるんだから、邪魔しないでくれるかな」

男の声からにやけていることが伝わってきて、鳥肌が立つ。

ストーカーの異常性は過去の事件で知っているつもりいたが、やはり慣れることはないようだ。

自分が被害者なら、いくらでも耐えてやるが、標的が詩陽である以上、伶弥はどんな些細なことでも我慢ならない。

それから、伶弥は短い時間で、必死に考えた。

怒鳴っても、男の言うことを否定しても、恐らく電話を切られておしまいだ。

それなら、男の気を引いて、なんとかして居場所を突き止めるしかない。

この電話を切られてしまったら、もう繋がらなくなる可能性が高い。

伶弥は心の中で、呪文のように『慎重に』と繰り返す。

詩陽を失うかもしれないという恐怖が手を震えさせるし、詩陽の状況を想像してしまえば、焦りと憂慮で胸が張り裂けそうになる。

「詩陽も嬉しそうにしていたから、君も心配しなくていいよ。じゃあ」

「ま、待て! お前、詩陽の写真を集めるのが好きなんだよな?」

男を怒らせて、詩陽に危害が加わることだけは避けなければならない。

絶対に失敗は許されないのだ。

緊張のせいで、動悸が激しくなっており、未だかつてないほど、心臓の存在を感じる。

「いくら撮っても、足りないくらいだね」

この言葉で写真を送り付けてきた犯人であると確信した伶弥は、ゆっくり深呼吸をした。

「小さい頃の詩陽の写真、見たくないか?」

まるで詩陽を売るようで胸が痛いが、こうする以上に、男の関心を引ける話題がなかった。

伶弥は目を閉じ、詩陽の顔を浮かべる。

泣いて、パニックになって、吐き気と過呼吸で壊れそうになっているかもしれない。

「小さい頃の詩陽? 今も未来もいくらでも撮れるけど、過去は戻れないからな……見たい」

男が言い切った瞬間、伶弥はこっそり拳を握った。

「それなら、今から持っていこう。場所を教えてくれ」

伶弥は冷静を装いながらも、唇を噛み締めて、呼吸が乱れそうになるのを堪えた。

「このスマホにデータを送ってよ」

「昔の写真だから、データでは残ってないんだ」

「……わかった」

男の返事までの数秒が、ひどく長く感じられた。

それでも、なんとか了承の返事をもらった伶弥は男の自宅を聞き出し、マンションを飛び出した。


「恋を知らない小鳥~幼馴染の愛に包まれて~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く