恋を知らない小鳥~幼馴染の愛に包まれて~

安里紬@書籍発売中

詩陽の逆襲

詩陽は現在、冷蔵庫の前で仁王立ちしている。

常に、伶弥が食材で満たしておいてくれるそこは、今日もたくさんの材料が入っているし、冷凍庫には作り置きのおかずも充実している。

「逆襲……」

誰もいない空間に、詩陽の恐ろしい言葉が落とされた。

本日、伶弥よりも早く帰宅した詩陽は、伶弥への逆襲に夕飯作りを選んだ。

それが、どうして逆襲になるのか。

それは、詩陽が料理をしたと知った時の伶弥の反応でわかるだろう。

詩陽はスマホでレシピを検索して、材料を順に並べた。

伶弥のエプロンはあるのに、詩陽のものはない。

今度買っておこうと思いながら、いざ包丁を手に深呼吸をする。

それから、ゴトンと大きな音がキッチンに響いた。





「ただい、まぁぁぁ!?」

玄関から音が聞こえ、勢いよくリビングのドアが開いたと思ったら、おかしな挨拶が飛んできた。

「伶弥、おかえり。口が開いたままだよ」

詩陽は、リビングの入口で立ち止まって、口を開けている伶弥の元へ行き、鞄を受け取る。

半分現実から足を踏み外しているような状態の伶弥から、奪い取ったと言って方がいいかもしれない。

「し、詩陽」

伶弥はぎこちない動きで、詩陽と目を合わせた。

その表情からはどこか怯えた雰囲気も漂い、唇が震えているようにも見える。

「何よ」

「もしかして、料理を」

「うん、夕飯を作った。いつも伶弥に任せてばかりだから、たまには私が作ろうと思って」

伶弥はいつも詩陽のために張り切って料理をしてくれるし、そのために残業も減らしているほど、料理にはこだわっているように思える。

詩陽にほとんど手伝わせないくらいなのだから、相当の意味があるのだろう。

だからこそ逆襲として、その役目を今日だけ奪ってしまおうと思ったのだ。

そのついでに、たまには伶弥にも家でゆっくりしてもらえたら、という思惑もある。

「しちゃったの……?」

伶弥の声は若干震えている。

「しちゃった」

「詩陽……!」

「きゃあっ!?」

突然、叫んだ伶弥が勢いよく詩陽に抱き着いたものだから、まったく身構えていなかった詩陽は何が起こったのか、わからなかった。

気付けば、シャボンの香りと長い腕が詩陽を包み込み、硬い胸板が詩陽を支えていた。

「ななな、なに」

「もう! 本当にこの子は!」

「何なの!?」

「可愛すぎて、私、死にそう……」

「苦しくて、私が先に死ぬよ!?」

興奮しているのか、伶弥はぎゅうぎゅうと詩陽の体を抱き締めていて、そろそろ背中と腰がどうにかなりそうである。

「死なないで!」

「伶弥が言うな!」

伶弥は慌てて詩陽の体を解放し、心配そうな顔で、詩陽の体のチェックをしている。

そんなに心配するなら、あんなにも強く抱き締めなければいいのに。

一通りチェックを終えたのか、伶弥は詩陽の肩に手を置き、はぁっと大きな溜息を吐いた。

「もう、興奮しすぎ。そんなにも大袈裟なこと?」

詩陽も呆れたように溜息を吐き、上の方にある美麗な顔を見つめる。

すると、伶弥は心配そうな顔から、パッと花が咲いたような笑顔に変わり、目を細めた。

「嬉しかったんだもの、すごく」

人生で最高のプレゼントを受け取ったと言ってもいいような、そんな興奮ぶりに、詩陽はなんだか居心地の悪さを感じる。

ただ、料理をしただけなのに。

それはつまり、普段から、詩陽は伶弥に任せきりになっている証拠でもある。

「いつも任せきりで、ごめん」

「私がやりたくてやっているんだから、謝って欲しいわけじゃないわ」

「じゃあ、ありがとう、だね」

「ええ。詩陽が喜んでくれるなら、私は何でもするわ。それが私の生きがいなのよ」

そう言って微笑む伶弥は、本当にキラキラと輝いて見え、その言葉は嘘ではないと言っているようだった。

詩陽は無性に端正な顔つきのオネエを愛おしく感じ、手を伸ばして、髪に触れた。

本当は頭を撫でたかったのに、届かなかったことは伶弥に気付かれただろうか。

そう思ったのは一瞬のことだった。

目を大きく開いた伶弥は息を飲み、すぐに破顔した。

その表情に見惚れた詩陽は、顔が近づいてきていることに気付くのが遅れてしまった。

「詩陽」

呼ばれて返事をしようとしたが、言葉にならなかった。

チュッと音が聞こえ、頬に感じた柔らかい感触に驚いてしまったから。

「なっ」

伶弥がそこを親指で撫でたことで、頬にキスをされたのだとわかった。

頬に心臓があるみたいに、トクトクと脈打っている気がする。

「可愛い」

「いいい、今、キス、した!?」

「ほっぺにだけどね」

「それでもキスは、キス! ダメ、そんなことをしたら!」

詩陽は真っ赤になった頬を押さえ、伶弥を睨みつける。

それでも、伶弥は嬉しそうな顔を崩すことなく、詩陽の髪を撫でた。

「どうして? 昔はしたじゃない」

「あの頃は子どもだったでしょ!?」

「そうね。今は、大人だものね。大人のキスをしちゃったわね」

「なんか、意味が違う!」

妖しい方向に話が進みそうになり、詩陽は慌てて伶弥の体を押しのけた。

無邪気な笑顔に見えるが、危険を感じる。

「冷めるから、ご飯にするよ!」

「そうね」

意外にも素直に聞いてくれた伶弥に、ホッと息を吐く。

それから、詩陽は伶弥と一緒に食事の準備を完了させた。

その間も、まったく油断も隙もないと呆れつつ、なかなか冷えてくれない頬を何度も撫でる羽目になった。

それを伶弥に見られていることも、どんな表情で見ていたかも、詩陽は知る由もない。

「恋を知らない小鳥~幼馴染の愛に包まれて~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く