From.A

ノベルバユーザー463123

From.A

 お前も気にしているみたいだけど、俺にだってその身長差は結構痛いんだぜ?


 中学に入って、一気に背が伸びた俺と、未だに伸び悩んでいるお前。


「図体のデカイ奴は嫌いだ」


 コンプレックス丸出しの拗ねた口調で俺を睨むお前の視線に、俺は柄にもなくドキッとさせられる。


 いつからだろう?


 お前の、下から見上げる視線に戸惑いを覚えるようになったのは。


 そう意識するようになった途端、気持ちが加速して……何で同性相手に?……と躊躇ためらう気持ちすらどこかに追いやられてしまった。


 ああ。認めるよ。
 これは完全に恋心だ。


 だから……な?


 お前にとってもその身長差はネックなんだろうけど……俺にとってもそうなんだと分かってくれないか?




                    Fin




--------------------------------------------------------------------------
【言い訳という名の後書き(爆)】
何のこともない、単なる独白です(f^^)。
急に思い立って書いてみたけど……会社で……だし、推敲もしてないし……
そうこうしてたら憧れの人(業者さん)が来社するって連絡が入って来て
気持ちが落ち着かなくなるし(笑)……でハチャメチャな内容のままのupです(爆)。
何のストーリー性もありませんが……とりあえず「幼なじみシリーズ」より
秋連の独り言です(^^;







「From.A」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く