帝国愛歌-龍の目醒める時-

如月 環

終焉②

黄架こうが、今すぐ還りなさい!そして・・・」

ふっ、と沈んだ体につられ、魂狩鬼ごんしゅきの体が前のめりに傾く。その隙に背後に回り込み、ライラは背中目掛けて剣を振り下ろす。

「この世界への道を閉ざしなさい!」

背中に剣が突き刺さったまま、それでも魂狩鬼ごんしゅきは鎌を振った。自分の足が切断されるのも構わず、背後のライラを狙う。
剣を手放し後ろに跳び、再び手の平から新しい剣を引き抜く。

「バニス、あなたも行きなさい。私が道を開く!」

魂狩鬼ごんしゅきには決して手を出す事が出来ない、本当の死後の世界への道。
バニスは珠から人間の姿に変わり、言葉を紡ぐ。

《陛下、それではあなたは?この世界への道を閉ざしてしまったら、陛下は現世へ還れなくなります。私は一人で行けますから、どうぞ陛下も》

クスッと笑ってライラは答えた。

「現世に紫杏がいる限り、私には還る目印がある。大丈夫よ。それに」

瞳を細め、前を見据える。

魂狩鬼ごんしゅきは一人ではない」

魂を求めて彷徨う魂狩鬼は、黄泉の世界に幾人も存在する。此処にいくつもの魂が存在する事を知って集まってきたのだろう。

「さあ、みんな行きなさいっ!」

頷いて飛び立とうとしたバニスが、突然振り返った。

《トパレイズっ!》

名を呼ばれ、涙目でそちらを向いたトパレイズの唇に触れるもの。

《また、いつか逢える日まで・・・》

止まらない涙を拭く事すら忘れ、彼女は何度も何度も頷いた。声を上げて泣く彼女の体を抱きしめ、黄架は《こうが》走り出す。
現世へ。

「ゴメンね」

ぽつりと呟かれた言葉は、トパレイズに向けられたもの。謝れば謝るだけそれはちゃちなものに変わってしまうけれど。
言わずにはいられなかった。

《僕は・・・》

天への道へと進みながら、バニスは言う。

《陛下がそうやって言って下さるだけで、救われていたんですよ・・・》

バニスの声の余韻だけが、ライラの耳に残る。
救われていた。
その言葉がライラの心にどれだけの悦びを与えてくれるのか、バニスは知っているのだろうか。
こんなに何もしてやれない自分が、ライラには辛かった。
けれど。

(救われたのは・・・)

ライラ自身。
バニスのたった一言で、これまでの辛い事も総てリセット出来たような気がした。


◆◇◆◇◆◇◆

「トパレイズっ!」

ぐにゃりと歪んだ空間から、人型の黄架に抱えられてトパレイズが出てくる。ボロボロに泣き崩れているのに、それでもすっきりしているように感じるのは何故だろうか。
二人が地上に降り立つと、出て来た穴はすぐに狭まり、消えてしまった。

「えっ⁉」

カルスは驚いてそこに駆け寄った。出てくる筈の人間が、一人足りない。

「ライラ・・・?」

ゾクリと背中が粟立つ。
ライラの居る場所に繋がっている穴は、もう何処にもない。手を伸ばしてみても、掴める物は手応えのない空気だけ。

「冗談だろ・・・?」

これでは、ライラは存在すら消えてしまう。生きてきた時間も、育んできた総ての者達との関係も、何もかもが消えてしまう。

紫杏しあんっ!」

くるりと向きを変え、カルスは紫杏の服を掴んだ。そのままガクガクと揺さぶって訴える。

「今すぐライラを呼び戻せっ!それが無理なら・・・」

もう離れているのは嫌だ。姿が見えないだけで、怖くて、不安でどうしようもなくなる。

「俺を黄泉の国へっ‼」

ライラが来ないと言うのなら、こちらから追いかけて行くだけ。

「無理だ」

必死の形相で言い募るカルスから視線を外し、紫杏しあんは瞳を閉じる。

「私が黄泉の国への道を開いてやれるのは、ライラにだけ。それに、例えそれが可能だとしても、私はお前を黄泉の国へやる事はしない。それがライラの願いだから」

無事に生きていて欲しい。それがライラの唯一の望み。

「お願いだ、紫杏しあんっ!此処にいると恐いんだ!ライラが二度と還ってこないような気がするんだ!」

根拠なんて無い。ただ漠然とした恐怖だけ。だからこそ、余計に胸が騒ぐ。

紫杏しあんっ‼」
「私が・・・」

躊躇いがちに掛けられた声に、カルスはゆっくりと振り返った。

「トパレイズ?」

名を呼んでも、視線を合わせようとはしない。次の言葉を何と続けていいのかわからずに、もどかしそうに唇を噛んでいる。

「私が・・・」

ギュッと服の裾を掴んで、それでも真っ直ぐにカルスを見た。

「私が陛下を黄泉の国へお連れします」

揺るぎ無い決意を宿した瞳が、スッと伏せられた。そのまま片膝を折り、胸に手を当て頭を垂れる。

「ト、トパレイズ?」

驚くのも無理はない。それは臣下が取る最高の礼の動作なのだから。

「これまでの私の行動や想いが消える事は無いけれど、私の中で一つだけ、確かなものが生まれました」

後悔や憎しみが完全に消え去る事はない。ふとした時に再び沸き上がるこの気持ちを、トパレイズ自身も消そうとは思わなかった。
ただ、その中で知った事がある。

「・・・死なせないで」

生まれる筈の無かった気持ち。

「あの人は、ここで死んでいい人間じゃない。これから先も、ギルアを治めていくべき人」

紫龍の力を以てすれば、もっと簡単にトパレイズをどうにか出来た。自らの命を危険に晒さずとも、トパレイズを人知れず殺してしまう事も可能だった筈なのだ。
それをしなかったのは、皇妃として民を愛しているから。まるで、自らの子のように。
立ち上がり、手を差し延べてトパレイズは言う。

「死なせないで下さい。我々ギルアの・・・大切な皇妃陛下を」

泣きそうに笑って、カルスはその手を取った。


◆◇◆◇◆◇◆
もう何本目かさえわからない。幾度も幾度も剣を生み出し、魂狩鬼ごんしゅきの体を突き刺し大地に縫い止める。
振り返って数える気にもならなかった。一体どれ程の魂狩鬼ごんしゅきが此処に存在するのか。
剣は完全に体を貫いているのに、痛みも感じずただ生きている者の魂を狙う。生きる事も死ぬ事も出来ずに。

「大人しく───」

パシッと逆手に持ち直し、その場で宙に飛び上がる。此処は魂を現世から切り離す場所。大地に縛る力が少ない分、ライラの体は軽い。

「眠りなさい!」

ドスッ!と背中に刃を突き立てると、魂狩鬼はキイィィッと奇妙な声を上げた。苦しみから上げる断末魔の悲鳴ではなく、堪えようのない悦びの。
ザシュッ‼‼

「うっ!?・・・きゃ、あああぁっ‼」

着地した瞬間の不意打ち。まるでそれを狙っていたかのような正確さで、魂狩鬼ごんしゅきはライラの右肩の肉を殺ぎ落とした。

「っああぁっ!はあっ!」

右手に握っていた剣が、消える。それと同時に魂狩鬼を繋ぎ止めていた剣も消えてしまった。

「タマ、シイ・・・光リ輝ク、ムラサキ色の・・・」

総ての魂狩鬼ごんしゅきが起き上がり向かって来る光景に、正直ゾッとした。

「来ないで・・・っ!」

鎌を振り下ろした魂狩鬼ごんしゅきの腕に、バチバチと紫色の電流が疾る。一瞬見えたのは、ライラを中心にして広がる、半径一メートル程のドーム状の結界だった。
しゅうしゅうと煙を上げているのに、魂狩鬼ごんしゅきは構わない。指の骨が欠けようと、腕が消えてしまおうと、ライラに手を伸ばす。

「いや・・・」

これ程までにさせる、人間の執念が恐かった。逃れられない、そう思った。

「来ないでぇっ!」

ドンッ!と見えない風に突き飛ばされ、結界の周りに群がっていた魂狩鬼ごんしゅき達は宙を舞った。白骨化した体は存外簡単に崩れ、カラカラと乾いた音をたてて地に落ちる。
けれど骨は何事もなかったかのように再び寄り集まり、人の姿を形取っていく。

「もう・・・しつっこい・・・」

クラリと世界が回った。いや、これは眩暈だ。血が、足りない。

「・・・・・・」

グシャ、グシャと草花を踏み潰し向かって来る魂狩鬼ごんしゅきを見つめながら、ライラは終焉を感じていた。
高々と持ち上げられたその鎌が振り下ろされる時、総てが終わる。
そう思った。

「ライラッ‼」

ドシュウッ‼‼

居る筈のない所に、居る筈のない人。何時の間に現れたのか、目の前には確かに人の身体。首からぶら下げた龍の紋章のペンダントが、ゆらゆらと揺れている。

「カル、ス・・・?」

貧血で暗い視界に、それでも飛び込んでくるのは紛れもなくカルスその人だった。

「帝国愛歌-龍の目醒める時-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く