帝国愛歌-龍の目醒める時-

如月 環

白と黒①

客がハリシュア王宮に到着したのは、夜も近付いた頃だった。辺りはオレンジ色から闇色に変わりつつある。

「ミラ皇帝陛下、お久しぶりです」

ギルア帝国から客人が到着したと聞いて、ヴァイネルは嬉しそうに入り口へ向かった。そしてそこには、まだ旅装もといていないギルア皇帝、カルス・ミラ・ギルアが微笑んでいる。

「お久しぶりです、ヴァイネル陛下」

しっかりと握手を交わし、二人は並んで歩き出す。その間、カルスは着ていたマントやら何やらを外し、少し後ろについて来る側近達に渡した。
明るく微笑んでいるカルスの姿が、側近達には何より痛ましい。
彼にはまだ、笑えるだけの気力は無い筈だ。あの苦しみが消えたわけでも、哀しみが癒された訳でもない。ただ、『ギルア皇帝』としての仮面をかぶっているだけにすぎない。

「あの、ところで、ミラ陛下」

暫く楽しそうに会話を交わしていたヴァイネルが、少々言い辛そうに言葉を途切らせた。

「何でしょう?」

軽く首を傾げて問い返すと、側近達がギクリと体を震わせる。
何を訊かれるか、わかっていた。

「リル皇妃は今回もご一緒ではないのでしょうか」

カルスの微笑みは崩れない。先程と全く同じ状態で頷いてくる。

「はい。ライラは、いませんから」

そうですかと答えかけて、ふと首を傾げた。何か、凄い違和感を感じた気がする。
『ライラはいない』という言葉が、『ここにいない』ではなく、『そんな人間はいない』と言う風に聞こえたような。

(まさか、な)

一瞬浮かんだ考えを、頭を振って打ち消す。有り得ない事だ。

「リル皇妃がいらっしゃらないのは残念ですが、どうぞお楽しみになって下さい。今夜は宴ですから」

王宮で一番広いホールが近付いてくる。すでに準備は終わって、招待されたこの国の貴族達も入っている筈だ。それが証拠に音楽が聞こえていた。

「それに今日は新顔の女性がおりますから、退屈はしないと思います」

するとカルスは面白そうに問い返した。

「新顔?十七番目のご側室ですか?」

こちらも楽しそうに首を振るヴァイネル。

「いえ、正妃にと思ったのですが、既に振られてしまいました」
「それは驚きですね。ヴァイネル陛下を振ってしまう女性がいるなんて」

そう言っている内に、ホールの扉の前に辿り着く。警備兵らしき二人が、頭を下げながら扉を開いた。

「さぁ、どうぞお楽しみ下さい」

ホールの明るい光が、カルスの顔を照らし出した。
テンポの良い曲、甘いデザートの香りに楽しげな笑い声。前にも幾度か経験した事のある、ハリシュア王国の宴だ。
扉が開いた事で、中にいた者達が一斉にこちらを向いた。カルスが入って来たのを認めると、優雅にお辞儀をしてみせる。
軽く微笑んで奥に進み、いつものようにヴァイネルの妃達の元へと行った。そしてその中の一人、シュスレイアの前に立つ。

「お久しぶりです、シュア様。お元気そうで何より」
「ありがとうございます。ミラ陛下もお元気そうで何よりですわ」

いつものお決まりの挨拶だ。ドレスのスカートをつまんで、静かに腰を折る。

「ようこそおいで下さいました」

楽しませて頂きますよと言おうとしたカルスの口が、そのまま固まってしまった。何も言えないまま、頭を下げたシュスレイアの後ろから目を離せないでいる。
大きく見開かれた瞳。血の気が失せて青ざめていく顔。その驚愕ぶりは誰の目にも明らかだった。

「カルス陛下?」

後ろから呼び掛けてくるのは、彼の側近であるヒルトーゼだ。心配そうにその顔色を窺っている。

「・・・っ!」

カルスの唇が僅かに動いた。何か呟いているが、小さくて聞き取れない。

「陛下?」

ヒルトーゼの声は届いていない。ある一点を凝視したまま、カルスは再び唇を動かした。
今度は誰の耳にも届く、その言葉。

「ライラッ!」

ギルアの者達がびくりと体を震わせる。そしてもの凄いスピードでカルスの視線の先にいる人物に視線を向けた。
何がどうなっているのかわからないヴァイネルやシュスレイアは、問題の二人を交互に見比べている。

「嘘、でしょう?」

キュアリスが呆然と呟いた。彼女の顔も真っ青だ。
黒髪と紫の瞳ではないけれど、そっくりな人物がそこに立っていた。彼女達が戴くギルア皇妃、ライラ・リル・ギルアに瓜二つの少女が。

「あのぅ」

困惑顔のヴァイネルがその問題の人物の手を取り、カルスの前に連れてきた。

「この娘を御存知なのでしょうか?この娘が先程話していた女性、シストなのですが」

手を引かれてやって来たライラは、ヴァイネルと同じ様に困惑顔だ。ギルアの者達の前でも、全く狼狽えた様子を見せない。

「ギルア皇帝、ミラ陛下にはお初にお目に掛かります。ハリシュア王妃、シスト・ジュエルと申します」

そして、極上の笑顔でハリシュア式の礼をして見せた。
明らかにホッと胸を撫で下ろしたギルア側に対し、ヴァイネルは一人、眉根を寄せる。
シストは今、ハリシュア王妃と名乗らなかったか?
彼がどれだけ妃だと紹介しても、「妃になるつもりはございませんが」と笑顔で付け加えるシストが、何故今この時だけハリシュア王妃と名乗るのか。
そうだ。それに最初からおかしかったのだ。この宴に出ると言った時から。

「ライラ、何故お前がそこにいる?」

ざわっとホールが揺れる。
驚いたキュアリスが声を上げた。

「カルス陛下、こちらはハリシュア王妃のシスト様です。ライラではありません」

そうですよね?とキュアリスが問い掛けると、ライラは困ったように頷いて見せる。
それが本当に自然だったので、キュアリスは心底安心した。ただ似ているだけなんだ、と。

「ほら、陛下。ライラではありませんよ」

するとカルスは呆れたように彼女を見た。

「キューア、お前、俺を見くびっていないか?」

言葉遣いが今までと違う。自分の皇宮にいる時の、あの幸せな頃の話し方だ。『私』ではなく『俺』と言っているのでもよくわかる。
それに今までどこか遠くを見ていたような瞳が、きちんとキュアリスを捕らえていた。輝きが戻っている。現実を見ている。
ニッと笑ってカルスが言った。

「この俺が、誰を間違おうとライラを間違える事があると思うか?」

呆気にとられる側近達を横目に、こちらも呆気にとられているライラへと少々視線を鋭くして告げる。

「お前も。まさか騙し通せるなんて思ってやしないだろう?」

一気に緊張が走った。

「・・・シスト?」

ヴァイネルがぽかんと口を開けたままのライラに声を掛けた。彼女はその声で我に返ったようだ。前髪を掻き上げながら、クックッと笑う。

「すぐに気付くだろうとは思っていたけど・・・普通言う?そんな恥ずかしい事」

クスクスと口許を押さえて笑うと、涙が出そうになった。
ライラだけは間違えない。
カルスはそう言った。
あれだけ傷付けたのに、どうしてそんな言葉が出てくるのだろう。

「やってくれるわ、カルス」

心底楽しそうなライラの笑い声で、その場の緊張は一気に消え去った。

「何年、一緒にいると思ってるんだ」

泣き笑いのような何とも情けない顔でカルスは言う。
生まれた時からずっと一緒にいたのだ。少しくらい離れたところで、何が変わるでもない。

「心以外は、ね」

その冷たい声音に、カルスはビクッと肩を揺らした。
カルスの瞳に怯えが疾ったのを、ライラは少し目を伏せる事でやり過ごす。一度唇を噛みしめ、顔を上げた時にはもう、口許にうっすらと嘲笑を浮かべていた。

「たった一月前の事なのに、もう忘れたの?」

あの時から、二度と近付く事のない二人の距離。今も、変わらない。少なくともライラには変えるつもりはなかった。
瞳に映る見知った顔は、どれも怒りに満ちている。当然だ。そうなるように行動したのだから。

(ねぇ?トパレイズ)

心の中でその名を呼ぶと、視線の先で彼女は嗤った。少し丸顔の、可愛らしい少女。ライラ付きの女官だ。

「ラ、イラ?」
「言ったでしょう?」

震える声で名前を呼ぶカルスを、強い調子で遮った。

「私はもう、あなたなんかに興味はないと」

二度も言わせるなと鬱陶しそうに手を払って、微笑む。後ろから伸びた腕が、優しく体を抱きしめるのと同時に。

「お前、は!」
「あぁっ!あの時の男!?」

一度見たら忘れない。今でもあの時の異様な光景は目に焼き付いている。空中に浮かんでいたあの男。
ライラと一緒に姿を消したのだから、例えここにいてもおかしくはないのだけれど。
ギリリ、とカルスは拳を握る。
どうして、あの男なんだ。

「あれぇ、あの人も茶色ですねぇ」

ハッと気付いてみれば、確かにそうだった。彼もライラと同じ紫の瞳だったのに、今は茶色だ。

「どうしてなんでしょうねぇ?」

今にも笑い出しそうなその口調に、誰も気付かない。他の者達にとっては、そんな些細な事など今はどうでも良いのだろう。

「もちろんカルスなら知ってるわよね?私がどうやってこんな姿に変えているのか」

突き放すような言葉の響き。そこにはもう、先程のように優しい笑みを浮かべる妻はいない。
一瞬、再び心が通ったと思ったのは、夢だったのだろうか。

「あぁ、知っているよ」

絶望が心を支配する。
カルスは苦々しく吐き捨てた。

「そこの男だ」

殺気を漂わせ、ライラを抱きしめたままの紫杏を睨み付ける。

「帝国愛歌-龍の目醒める時-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く