帝国愛歌-龍の目醒める時-

如月 環

プロローグ

淡い色の花が咲き乱れる野原を、まるで二分するかのようにその川は流れていた。

《約束、して頂けるのですね・・・?》

仄かに青く光る珠が言葉を紡ぐ。今にも消えそうな、小さな声で。
差し出された掌の上でふわふわと揺れる珠は、あと少ししかこの場所にいられない。それを知っているから、此処に来た。

「必ず守ります」

それを聞くと、珠は嬉しそうに微笑んだ。表情が判るわけではないが、その身を包む光が明るくなった事で容易に想像がつく。

《あなたに残酷な事をするのに?》

自嘲気味に笑ってその人は言った。

「私達のせいだから。私達の方が、貴方達に辛い想いをさせてしまっているから」

珠が一人きりでこんな所にいるのは、自分達の責任。

「ごめんね・・・」

そう言ってもう片方の手を差し出すと、珠はスッと高く浮かび上がった。

「約束は必ず守るから。だから・・・だからそれまで・・・どうか、ゆっくり眠っていて」

珠はパアァッと紫色の光に包まれ、空気の中に溶けていったのだった。

◆◇◆◇◆◇◆
この哀しみは・・・この憎しみは・・・一体いつになったら消えるのだろうか?
それとも、もしかしたら一生、消えないのだろうか?


「許さない」

絶対に。
自分をこんなにも醜い憎悪の権化にした者達を。大切な、大切なあの人を無残な姿にした者達を。そして、何もしてくれなかった全ての人々を。
何も出来なかった、自分自身を。
絶対に許さない。


果てる事のない哀しみを抱いて、少女は涙を流す。
自分から愛する者を奪った者ものへの憎悪は、衰えるどころか日に日に激しさを増していった。そして、同時に膨らむ喪失感と孤独感。
救ってほしい。
愛するあの人を甦らせてほしい。
それが無理ならばせめて、せめて・・・彼を死に追いやった者、彼を救ってくれなかった者、全てに罰を与えられるだけの力を与えて下さい。
どうか・・・!
少女は願う。
理不尽な願いだとは、無理な願いだとはわかっている。けれど、そうでもしないと生きてはいけなかった。
ただ憎むだけが、生きる力。
だから。
どうか、私に力を!

《泣かないでおくれ、私の愛しい巫女。黄の巫女》

慈しみに満ちた声が、直接頭の中に響いてきた。不思議と懐かしさを覚えるのは何故だろうか。

「誰?」

恐怖は無い。こんな異常な事態だというのに、恐怖という感情は一切浮かんでこなかった。
声は尚も優しく告げる。

《私はコウガ。黄の巫女と運命を共にする者。紫龍しりゅうの命により眠っていたが、我ら龍族は巫女の願いと共に生きている。忘れてしまったか?》

少し寂しそうに問い掛けられ、少女は胸が締め付けられるように悲しくなった。
深く、深く。魂に刻み込まれた掛け替えのない存在。
おもい、だした。

「コウガ・・・私の愛しい、龍の君」

途端に辺りは黄色い光に包まれ、力ある者の訪れを告げる。

「現在の黄の巫女に会うのは初めてですね。私がコウガです」

龍の姿ではなく、人の姿で。黄色掛かった黒髪を短く刈った青年が其処に立っていた。

「私を目醒めさせた理由は?」

軽く首を傾げて、コウガは楽しそうに問う。そしてしばしの逡巡の後、少女は答えた。

「この国で一番幸せなあの二人を、不幸のどん底に突き落とす力を、私に与えて」

少し哀し気に伏せられたコウガの黄玉のような瞳を、少女は知らない。

「わかりました。それが貴女の望みならば」

顔を上げたコウガは、もう既に不敵な笑みを浮かべていた。
それが、貴女の望みならば・・・

「帝国愛歌-龍の目醒める時-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く