異世界になったこの世界を取り戻す

文戸玲

偽りのほこら①~旅立ちの合図~

「何やってたんだよジャン。こそこそ話してたけどさ。いつまでも名残惜しそうにしてるんじゃ情けないぞ。立派に旅して,目的を果たしたらまた戻ってこよう。そしたらまた旅に出よう。この世界には生きている間じゃやりきれないほどのことがたくさんあるんだからさ」

少し間をおいて,せつなそうな顔をしてジャンは言った。

「母さんの声を聞いたらさ,旅に出るのが余計に怖くなってしまった。ソラ,おれはお前よりよっぽど弱い男だよ。家を出ることでさえも怖気づいてしまう。こんなんじゃだめだよな」

何といって返したらよいのか分からない。こんなに弱気なジャンは初めてだ。まだ旅も始まっていないのに,おかしい。それに,ジャンは旅になれているはずなのに。とにかく,勇気づけてあげないとこれからの旅がうまくいくか分からない。それに出発の雰囲気も台無しだ。

「なーに弱気になってんだよ。首席で学校を卒業して,旅にも慣れているのにさ。そんなんじゃ同級生に顔向けできないぞ。いったい母さんとどんな話をしたっていうんだよ」
「ソラ・・・・・・。母さんに言われたよ。『ジャン,あなたに会えて本当に良かった。あなたは私の大切な家族よ。いつまでも私の中にいる。また帰っておいでね』ってな。おれにとって母さんは大切な人なんだ、あんな言い方されると,もう会えるのは最後って実感しちゃってさ。情けないな」

ジャンと母さんは血は繋がっていない。実の親子ではないが,それでも旅に出る子どもをねぎらっている。母さんが自分を大切に思っていることは十分に感じる。ジャンにでさえこうなんだから自分に対してはどれほどの不安を抱えているのだろう。必ず無事で帰ってこよう。そう誓いながら,ジャンにも声をかけた。

「今日は二人のた置く別な日だぜ。明るい気持ちで行こう。絶対大丈夫だから。それに,ジャンの母さんじゃないんだから,そんな反応されると立場がないじゃん」

やっとジャンの顔が明るさを取り戻した。

「そうだな。悪かった。ソラ,必ず無事で戻ってこよう。おれから離れるんじゃないぞ」

やっと前を向いて進めそうだ。よし,いくぞ。大いなる旅に。この世界を守るたびに。
 そう誓って村を出る道を行くと,人気の少なくなったところで気配を感じた。

「早いな。後ろからやってやっても良かったんだが」

振り返ると,そこには剣を携えて不敵な笑みを浮かべる男がいた。バオウだった。



「異世界になったこの世界を取り戻す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く