異世界になったこの世界を取り戻す

文戸玲

真実を求めて②~20年前の日記~

 家に入ると,パンとチーズがこんがりと焼けるいい匂いが立ち込めていた。「腹減った~」とお腹をさすりながらジャンは席に着いた。「二人分とっくに出来てるわよ」と言ってお母さんが出した朝食はトーストされたパンにスパイスの利いたカレーがサンドしてある。カレーの次の日はだいたいこの朝食が定番なのだが,昔からこれが好きで晩御飯がカレーでなくてもリクエストしていたほどだ。
 匂いを嗅ぐと食欲が一層強くなる。ただ,今朝は味わってゆっくり食べようという気にはならなかった。お腹にかきこむようにトーストを頬張っている,口に入る要領をゆうに超えた。それでもまだ口に頬張り,あごを酷使していると期間にパンくずが入り思わずむせた。

「なーにやってんの。落ち着いて食べなさい。はい」

子どもに言い聞かせるようにして言いながらミルクの入ったグラスをお母さんに渡された。それを口の中のトーストにしみこませるようにして飲み込む。水分を含んで柔らかくなったトーストが幾分か食べやすくなった。残りの分をかきこんで合掌を済ませ,食器もそのままに階段を駆け上がる。

「まったく,いつまで経っても少年のようなやつだな」
「あんなんだから,いつまでも心配なのよ。子離れできないのも何となくわかるでしょ」

リビングからジャンとお母さんは会話をしているが,構わず書斎を漁った。しばらくするとジャンが書斎へと姿を現した。必死で本棚を漁っているのにこっちには見向きもせず,ジャンは迷いなく二番目の引き出しを開けた。そして,一冊の古い褐色があせたようなハードカバーのノートを手に取った。

「それがじいちゃんの言っていたノートなの?」
一切の躊躇もなくノートを探り当てたジャンの様子から,このノートの存在についてはずいぶん前から知っていることが伺えた。もしかしたら母さんも知っているのかもしれない。知らないのは自分だけで,じいちゃんが書き残したもの,この世界で起きていること,いろいろなことを知らないのは自分だけなのではないかという気がしてきた。それは,気分の良いものではなかった。何か大切なことが記されているであろうノートを自分には隠されているような気もしたし,別に昨日見せてくれても良かったじゃないか。
 もやもやしながらジャンを睨みつけていると,「ここだ」と言ってページを繰る手を止めてこちらにノートを渡してきた。ノートを受け取り,そこに書いてある文章に目をやった。
 
 

「異世界になったこの世界を取り戻す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く