異世界になったこの世界を取り戻す

文戸玲

ある晴れた日のこと①~無事,帰宅~

「ただいま~。お腹すいた~」

家は落ち着く。命を脅かすモンスターもいないし。ジャンと一緒に家に戻って一緒に晩御飯を食べることにした。

「あら,お帰りなさい。遅かったから死んでるのかと思ったわよ。ジャンも疲れたでしょ。ほら,座って座って」
「ありがとうございます。でも,先に挨拶をさせてください」

ジャンはそう言うとぼくのお父さんの仏壇がある部屋へと向かった。ぼくのお父さんはぼくが物心がつく前に死んでしまった。だから,お父さんと過ごした記憶はほとんどない。ジャンは以前,「ソラの親父さんを殺したのはおれのようなもんだ」と言っていた。それを聞いたお母さんは,「それは違う」と言っていたが何が起きたのかはいまだに教えてもらえていない。ただ,その場に居合わせたのに実の父親が死んだ瞬間を覚えていないというのも不思議な話で,何が本当で何が事実なのかがいまいちつかめない。きっと,もっと強く頼りになれるころには教えてもらえるのだろう。父の死んだ原因は何だったのか。その時何があったのか。

「異世界になったこの世界を取り戻す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く