話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。

なつめ猫

一つ屋根の下での事情4(4)




 高槻さんに、車で学校まで送ってもらったあとは何時も通り教室に入ると、既に投稿していた美穂が私を見てきたあと視線を逸らした。
 それを見た私は心の中で寂しい気持ちになりながらも自分の机にカバンを掛けたあと、椅子に座る。
 ホームルームが始まるまで、何時もは美穂と話をしていたから短かったけど、今日は、長く感じた。
 人と接する事が無い事がこれほどとは思わなかった。

 それは、ホームルームが終わり――、授業が始まってお昼を過ごし学校の下校まで含めて――。
 校舎から出て校門前に向かう。
迎えに来てくれている車は既に停まっていたけど、何時もと様子が違う。
人だかりが出来ていた。

 嫌な予感がして、足早に近づくと生徒指導の山田先生と櫟原さんの姿があって、その周囲に学生が野次馬のように足を止めていた。

「櫟原さん、どうかしたんですか?」
「これは宮内さん」

 何事かと思い話に割って入る。
 部外者である櫟原さんが山田先生に話すより良いと思ったから。

「この方は、貴女の知り合いなのですか?」
「はい。婚約者の高槻さんが私の為に付けてくれている運転手の方です」
「――そうですか。言っていることは間違ってはいないのですね」
「ご理解頂いて幸いです」

 山田先生に頭を紳士的に下げる櫟原さん。
 
「助かりました」
「――いえ。不審者に思われたりしたんですか?」
「そんなところです。都心の一流の私立高校であるのでしたら送迎などは普通なのですが、田舎の学校では目立ってしまいますので……、私も迂闊でした」

 山田先生が去って行ったあと、周りの野次馬というより生徒は興味を無くしたように解散していく。

「それでは、お車にお乗りください」

 彼の言葉に頷き車に乗ると、すぐに車は走り出す。
 神社に到着したあとは、母屋で着替えたあと宮大工の方々が社務所を手直ししているのを横目で見つつ境内を掃除していく。

「すいません」
「はい?」

 宮大工の方――、50歳前後の方が私に話しかけてきた。

「どうかなさいましたか?」
「作業工程について、神主の方と話をしたいのですが――」
「分かりました。少し、お待ちください」

 私は携帯電話を取り出して総司さんへ電話をする。
 ただ――、着信音は鳴っても忙しいのか繋がらない。

「ごめんなさい。総司さんは、忙しいみたいで連絡がつきませんので……、戻ってきたら伝える方向でも宜しいでしょうか?」
「何時頃に連絡をいただけますか?」
「帰宅時間は分かりませんが、戻ってきたら伝えておきますので」

 彼が首を傾げる。
 私は何か変な事を言ったのかな?

「帰宅時間が分からないということは――、もしかして住み込みで?」
「住み込みというか……」

 そこで、別の宮大工の方が近寄ってくると――、私に話しかけてきた人に「親方」と言いつつ、私の右手薬指を指差してくる。
 すると得心いった様子で頷くと――、

「そうでしたか。それでは、旦那さんにお伝えしておいてもらえますか?」
「はい」

 私は、コクリと頷く。
 その後は宮大工の方は作業を終えて片付けをしたあと撤収作業を始めた。
 それを見た私は母屋に戻ったあと、着替えてから家事をする。
 高槻さんが帰宅したのは、それから3時間後――、時間としては午後10時を過ぎていた。




「嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く