話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。

なつめ猫

一つ屋根の下での事情4(3)高槻総司side



 俺の名前は高槻 総司。

 紆余曲折あり、現在は女子高生と一つ屋根の下で暮らしている26歳のいい歳をした大人である。
 
「それでは行ってきます」
「ああ、気をつけてな」

 昨日の事が心に引っかかってはいた。
 だが――、親戚に隙を見せるわけにはいかなく――、彼女を学校へと送り出した。
 その後ろ姿が見えなくなるまで見送ったあと、

「櫟原」
「はい。それでは、出発します」

 車は走り出す。
 人口4000人ほどの鳴神村の路面を走り支社がある駅前へ。
 
「高槻様。何かありましたか?」
「なんだ? 藪から棒に――」
「いえ。宮内さんを見ている表情が何時もと違ったように見えましたので」
「……何でもない」
「……そうですか」

 俺が否定すると、すぐに櫟原は詮索を止める。
 それが雇用者と労働者との正しい在り方なのかも知れないが、俺としては……。
 車から見える外の光景を見ながら、昨日のことを思い出す。
 それは、俺が彼女に背負わせてしまった問題であり、それを一人抱え込もうと耐えている少女の姿。
 
 宮内莉緒と出会ったのは、奇跡と奇跡が絡み合った偶然に近いものがあった。
 それは高槻神社を相続する為に、姓を瑞穂から高槻に変更したあと、神社に寄った時のことだった。
 そこで――、廃社となった神社で一人の男と出会った。
 男の名前は、#宮内__みやうち__# #宗助__そうすけ__#。
 莉緒の父親であった。
 祖父の廃された神社に居た男に俺は興味を持って話しかけた。
 そこで、男はどうやら高槻神社に思い入れがあるようで、毎日通っているということで――、俺も懐かしくなり話をした。
 宗助という男が、神社を懐かしむのは、その男の妻が神社で巫女をしていたからで――、その娘も巫女見習いと言う事で巫女舞をしていた事も聞いた。

 実は、高槻神社の神主を継ぐにあたって巫女舞を奉じる人間が必要だと言う事に姓を変えてから気が付いた俺は色々な伝手を使い巫女舞が出来る人間を探していたが、見つけることが出来なかった。
 それを、偶然とは言え神社前で出会った男の血縁者が出来ることは運命だとも言えた。
 俺は巫女舞が出来る人間の紹介を頼んだところ宗助という男は、娘の莉緒なら出来ると言ってきたので、俺は彼女に巫女舞をしてもらえるように頼んだのだ。
 その時に、莉緒の父親は条件を出してきた。

 それは、娘たる宮内莉緒の面倒を見て欲しいとのことであった。
 妻を亡くした男は、疲れ果てているのは自分でも分かっていたようで、娘を見ると妻を思い出すと言う事で親子仲は良くはないらしく、それなら俺に面倒を見てほしいと。

 俺は神社を継ぐために巫女舞が行える人間が必要。
 そして、宮内宗助は娘から離れたいという考えがあり、それぞれの思惑が一致した結果、俺は宮内莉緒と一緒に暮らすことになった。

 その際に、宮内宗助には多少のお金を貸し出したが……、それが一人の少女を苦しめる結果になるとは――、俺にも罪悪感を感じさせるほどになるとは思いもよらなかった。

 だから、莉緒の悲しそうな表情を見るのが、まるで俺の父親が政略結婚で母親に酷い仕打ちをしていた時の事を思い出してしまい辛い。

 ――いや、これも自己満足なのかも知れない。
 ――自分の罪悪感に酔っているだけなのかも知れない。

「俺は最低だな……」

 櫟原に聞かれない程、小さな言葉を口にした。


「嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く