話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。

なつめ猫

交差する思い(1)




「え? え? どうかしたんですか?」
「高槻様が、今まで何かを大事になされるような事は無かったので……」
「どういうことですか?」
「最近は、会社内でも取引相手からも高槻様は雰囲気が柔らかくなったと評判でして、業績が上向いているのです」
「柔らかく?」
「はい。それは、きっと宮内さんと一緒に暮らしているからだと思います。以前の高槻様は、常に神経を張り詰めているような方でしたので。そのために、車内の雰囲気も宜しいとは言えませんでした。私だけでなく、会社員一同、宮内様には感謝しております」
「え? どうして……? 高槻さんって――」
「ああ。その反応ですと高槻様の役職は知らないのですか? ノートパソコンを弄った形跡があったと高槻様から伺っておりましたので、てっきり知っていらっしゃるのとかと思っておりましたが」
「えっと、高槻さんは瑞穂グループの社員なんですよね?」

 私の問いかけに彼は笑みを浮かべたと思うと――、「日本でも有数の大企業であらされる瑞穂グループの社長です」と、教えてくれた。



 翌日は、病院から退院する事になり、薬をもらったあとは高槻さんと一緒に車に乗り神社に戻る。

「数日、離れていただけで戻ってきたって感じがします」
「そうだな」

 いつもの調子に戻った高槻さんは私の頭に手を置いてから居間へと向かってしまう。
 何だか私が入院してからの彼は少し優しくなった気がする。

「それでは、宮内さん。これからも宜しくお願いします」

 櫟原さんは、入院中に私が来ていた衣類などが入っているバッグを置くと玄関から出ていった。
 それを見送ったあとは、溜まっていた洗濯物を片付け、家内の掃除をする。
 
「莉緒、あまり無理をしなくてもいいぞ」

 洗濯物を干していた所で、総司さんが縁側から私に声を掛けてきた。

「大丈夫です。それに数日、ゆっくり休みましたから」
「お前が大丈夫だと思っても、また倒れられたら俺の仕事が滞る。そのくらいは理解しろ」
「それって、私のことが、それだけ大事ってことですか?」
「……勘違いするなよ? お前は、俺に借金があって、この神社を守る為の協力者に過ぎないんだからな」
「分かっています」

 本当に、私のことを大事に思っているのかしら?
 櫟原さんの言動を裏付けるような優しい言葉とか殆ど聞かないんだけど?
 それにしても、高槻さんが日本でも有数の大企業の社長だとは思わなかった。
 私が考える社長は、何でも自由にできる人ってイメージなんだけど、ほんとに私の力が必要なのかな? と、思ってしまう。

「まったく……」

 私が思考している間に、何時の間にか近くまで来ていた彼は、私を御姫様抱っこで抱き上げると縁側まで連れていくと、縁側に座らせた。
 そして、彼が代わりに洗濯物を竿に干していく。

「あ、あの……」
「言っただろう? すぐに倒れられても迷惑だ。ゆっくりと体調を戻していけばいい。分かったな?」
「――で、でも……」

 私の仕事が……。

「雇用主の命令だ」
「分かりました……」
「分かったならいい。代わりにやってもらう事があるからな」
「やってもらうこと?」

 私は思わず首を傾げる。






「嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く