話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。

なつめ猫

すれ違う思い




 翌日も何時も通り、神社での仕事と、朝の家事を終えて学校に到着。
昇降口で靴を脱いだあと、上履きに履き替えたあとは廊下を歩き教室に入ると、親友の美穂は先に登校していた。
 カバンを机の横に掛けながら「おはよう、美穂」と、話しかけると、彼女の視線が私に向いてきて――「ねえ? 莉緒」と、少し不機嫌な様子で返答してきた。

「どうかしたの?」
「その指輪って何?」
「――え?」

 美穂が指差すのは、私の右手の薬指に嵌められていた指輪。

「え? じゃないよね? それって、何?」
「婚約指輪だけど……」
「婚約指輪って、莉緒は何なのか知っているよね?」
「……う、うん」

 え? どうして、美穂が怒っているの? 意味が分からないんだけど……。

「――ッ!」

 当惑していると美穂は、私を睨んできたあと一言も話さずに前を向いてしまう。
 どうして怒っているのか分からない私は、美穂に事情を聞こうとしたところで、ホームルームが始まってしまい聞くことが出来ない。
 それどころか、一日――、美穂に避けられていて口も聞いてくれない。

 お昼時間になり、何時もは美穂と一緒に食事を摂っていたのに、今日は一人。
 食事を終えたあとは、居た堪れなくなり教室を出た。
 屋上では、一人フェンスに寄りかかりながら座り溜息をつく。

どうして美穂が、あんなに怒っていたのか皆目見当がつかないので、改善すらできない。

「はぁ……。ほんとにどうしよう……」

 どんな時でも、私のことを庇ってくれた美穂と喧嘩になるなんて、思ったよりもショックで、何も手がつかない。
 それでも、刻一刻と時は刻まれ――、屋上に来てから10分くらい経過したところで、校内に続く扉が音を立てて開く。
 視線を向けると、そこに立っていたのは美穂。
 一瞬、彼女と視線が合うけど気まずさから私は顔を背けるけど、目の前に近づいてきた美穂は、「莉緒、どういうつもりなの?」と、怒りを押し殺したような声で話しかけてきた。

「え? どういうつもりって……」
「あんた! 昨日は、駅ビル内で男とデートしていたって……、クラスの連中から聞いたけど本当なの?」
「デートというか買い物……」
「それで、その指輪を買ってもらったってこと?」
「う、うん」
「大和の見舞いにも来ずに男とデートしていたの?」
「どうして、大和の名前が出てくるの? 大和は、関係ないでしょう?」

 そう答えた瞬間、乾いた音が聞こえてきたかと思うと、しばらくしてから美穂に頬を引っ叩かれた事に気が付いた。

「――え? ……み、美穂?」
「あんたの事! 見損なったわ! もう友人でも親友でもないから! 二度と、話しかけないで!」

 それだけ言うと美穂は、私が「待って!」と言っても無視して屋上から去って行く。
 一人、ポツンと取り残された私は、ビンタされた頬に手を当てながら、立ち尽くした。







「嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く