話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。

なつめ猫

これからのこと




「まずは、神社を守るに当たっていくつかの約束事がある」
「約束事ですか?」

 頷く高槻さん。

「まず、お前のことに関してだがこれまで通り婚約者という立場をとってもらいたい」
「理由があるんですよね?」
「一応、親族が舞うのが規則となっているからだ。あとは、余計な詮索をされるのは面倒だからという点もある。それに、下手な横やりを入れられても困るからな」
「そうすると……学校には……」
「婚約者の立場として過ごしてもらいたい。あとは友人へ本当のことを伝えるもの控えてほしい。どこから漏れるか分からないからな」

 つまりは大和には言えないと言う事になる。
 だけど……今更――、どうにかなるとは思えない。
 そう思うと、胸がチクリと痛む。
 
「分かりました」
「それと、呼び方は総司で統一して欲しい。婚約者のお前が、他人行儀では何かと勘繰る者も出てきかねないからな。それと――」

 高槻さんは、懐から財布を取り出すと一枚のカードを取り出してくる。

「これは……?」
「クレジットカードだ。見た事がないのか?」
「実物は見たことないでです。CMとかなら見た事がありますけど……」
「そ、そうか……。このカードは、お前に渡しておく。何か入り用になったら使うといい」

 畳の上に置かれたのは、クレジットカードの色は黒。
 普通のクレジットカードは、銀とか金だと思ったけど……。

「お預かりします」
「とりあえずは、家のことに関しての取り決めはこのくらいだな。あとは巫女舞についてだが、8月中旬と年末年始にかけてだが、大丈夫か?」
「はい。それなら、やっていましたので」
「家のことについては、随時説明していくとして、お前からは何か聞いておきたい事はあるか?」
「えっと、社務所の方ですけど手直しとかはされますか? 年末年始で御札やお守りを御納めする必要が出てくると思うんですけど」
「そうだな……。たしかに……」
「それでは夏祭りまでに何とかしましょう。神社を守りたいのでしたら、きちんと社務所も使えるようにしないと駄目ですから!」
「分かった。何とかしてみよう」
「よろしくお願いします」
「それと最後に――」

 彼の提案してきた内容。
 それに私は思わず驚いた。

 ――翌日。
昨日あった話し合いが嘘のように朝起きて、巫女服を着て境内の掃除を行う。
その後は学生服とエプロンという姿で朝食を作り高槻さんと一緒に食事をした後、学校まで送ってもらった。

「莉緒! 会いたかった!」

 小走りで駆け寄ってくる美穂が私に抱き着いてくる。

「どうしたの? 美穂」
「大和と喧嘩したって聞いたから」

 校庭で抱き着いてきた美穂が周りには聞こえない声で聴いてくる。

「えっと……、そういう意味じゃないんだけど……」
「それじゃ、何かあったの?」
「ううん。それより美穂! 喧嘩したって誰に聞いたの?」
「#芹菜__せりな__#ちゃんから」
「妹から聞いたの?」
「うん、SNSでお兄ちゃんがすごく不機嫌だったから何かあったの? って。それで大和が不機嫌になるのって莉緒絡みかなって思ったの」

 どうして、そこで私が出てきたのか分からないけど。
 やっぱり近しい人には分かってしまうのかも知れない。
 下手に隠しておくよりはいいかも……。

「うん。少し口論になって……」
「理由は……言えないか……」
「ごめんね」
「はぁ――。莉緒、もう少し素直になった方がいいわよ? そうしないと、大和は人気あるから他の女子に取られちゃうからね」
「――え?」

 どうして、そこで私が関係あるのか分からない。

「美穂ったら何を言っているの?」
「これは自覚なしか……」
「美穂ったら!」
「ほら、授業に遅れるから急ご!」

 美穂が私の問いかけに答えずに、昇降口に向かっていく。
 私は、その背中を見ている事しかできなかった。
 



「嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く