話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。

なつめ猫

一つ屋根の下での事情(4)




 幹線道路を走り、30分ほどで大きめのホームセンターに到着する。
 大きめのカートを手にしたあとは、運転手である櫟原さんと共に店内を見回ることにする。

「高槻様より、宮内さんがアイロンを所望したいと伺っておりますが――」
「はい。衣服をクリーニング店に出すのはもったいないので」
「そういう事でしたか。それと高槻様より、他に必要な物があれば一緒に購入してもいい事を宮内さんにお伝えするように託を受けておりますが」
「そうなんですか?」

 それは、嬉しい言葉。
 じつのところ、生活感がまるで無い母屋では必要な家庭用品が不足していたところだったので、洗濯物を干すハンガーなどが欲しいと思っていた所なので、それらを幾つか購入。
 あとは柔軟剤や、キチンとした俎板や調理器具を一式購入する。
 足りないモノを考えながら購入していた事もあり、カートの中は気が付けば一杯になっていた。

「えっと……買いすぎですか?」
「必要な物だと私も思いますので、問題はないかと――」

 許可をもらったので、レジで精算を行う。
 もちろん支払いは櫟原さんにお任せ。
 荷物を全てトランクに乗せたあと、帰りにスーパーに寄り食材を購入してから家に戻る。
 母屋まで荷物を運んでもらったところで、

「それでは、私は高槻様をお迎えに上がりますので、これで失礼します」

 その言葉に私は頷く。
 一人残されたあとは、家内の掃除や夕飯の支度をする。
 
「新品は、使っていて気持ちいいよね」

 新しい調理器具を使いながら、一人呟く。
 夕食の仕度が終わったあとは、学校から出た宿題を終える。
 そして――、一息ついたところで、櫟原さんに渡されていたスマートフォンが鳴る。

「はい。宮内ですが」
「俺だ」
「……総司さんですか?」

 一瞬、誰の声が分からなかったけど、俺様系の知り合いは一人しかいないので、誰かはすぐに分かった。

「そうだ。今日は、帰りが遅くなるから俺の分の食事はいらない」
「分かりました」

 短い業務連絡に近い電話を切ったあとは、高槻さんの帰りが遅くなるらしいのでお風呂に入り一日の疲れを落したあと、夕食を一人で食べる。

「……」

 もくもくと――、

「……」

 いつもは、駄目な親だったけど父親と一緒に食べていた料理。
 父親が失踪してからは、高槻さんや櫟原さんと食事を摂っていたので一人で食べるのは、何となくだけど寂しい。

「はぁ……」

 思わず溜息が漏れてしまう。
 お母さんが生きていた頃は、お父さんも普通で普通に仕事をしていたしお酒を飲むことはあったけど嗜む程度だった。
 ――でも……いまは……。 

 私は頭を振る。

「もう過ぎたことだもの。もう……、終わったことだから……」

 過去を振り返ったら前を向いて歩けなくなってしまう。
 食事を摂り終えたあとは、食器を洗い腰まで伸ばしている黒髪を纏めたあと、戸締りを確認したあと寝床に入った。

「嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く