話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。

なつめ猫

洗濯物がいっぱいです!?




「そうですか……」

 櫟原さんは、短く答えてくると部屋から出ていく。
 彼が部屋から出たあと、私は襖を閉めて私服に着替えながら考える。
 たぶん、櫟原さんは高槻さんのフォローを――、私が仕事をしていく上で、ギクシャクしないように説明をしてくれたのだろう。

 ――でも、私は素直に受け取ることは出来ない。
 だから……、まずは家事や巫女としての仕事をしっかりとこなす事だけに集中することにする。

「――でも、明日の学校は大変そう……」

 思わず溜息が出てしまう。
 起きてしまった事は致し方ないとはいえ、気分的に重荷になるのは変わらない。

「――と、とりあえず!」

 まずは、家事をしっかりと!
 仕事だと思って割り切れば、衣食住付きの仕事は悪くない。
 むしろ借金まで返済できるならホワイト企業並みなのでは!? と、思ってしまう。
 私服に着替えたあとは、まずは洗面所へと向かう。
 
「あれ?」

 洗濯籠の中には、洗濯物がまったく入っていない。
 唯一、入っているのは私が今、自分で持ってきた服だけ。

「あの……高槻さ――総司さん」
「――ん? どうかしたのか?」

 居間に行き、ノートパソコンと睨めっこをしている高槻さんに話しかけると、彼は眼鏡をかけてまま、私を見てくる。
 眼鏡越しだからなのか――、その視線は、若干、柔らかい感じを受けてしまう。

「洗濯物が――、洗面所の洗濯籠に洗い物が入っていませんけど……」
「洗いモノ?」
「はい。衣服とかです。それなら隣の部屋にある」
「隣?」

 私は居間の隣に通じる襖を開ける。
 すると、そこには男物の服が散乱していて――、まあ、男の人だから男の人の衣類しかないのは当然なのだけど。
 むしろ、それよりも驚いたのは何日分の衣類? と、思えるほどの量。

「あの、たかつ――、総司さん……。普段は、洗濯はどうやって――」
「そうだな。都心に居る時は、クリーニング屋を呼びつけていたが――」
「そ、そうなんですか……」

 クリーニング屋を手配するとか、ブランド物を買っていた時から薄々と気が付いていたけど、もしかしてお金持ちだったりするの!?
 そうじゃなくて! お父さんに8ケタのお金を貸せるほどのお金を持っているってことだから、きっとじゃなくて! 間違いなくお金持ちだと思う。

「それじゃ洗濯しますね」
「ああ、頼む」

 上の空で答えてくる高槻さん。
 何をそんなに一生けん命になってしているのか分からないけど、私が口を出す事でないと思い、籠を取りに一度洗面所へと戻る。
 そして再度、高槻さんの服を洗濯籠に入れたあと――、

「そういえば櫟原さんの服は、どこにあるんですか?」
「櫟原は、仮眠では部屋を使う事はあるが、基本的に此処――戸沢村で宿を取っている」

 今、聞いたらいけない事を聞いた気が……。
 つまり、母屋に普段は暮らしているのは私と高槻さんだけという事になる。
 これ以上は、意識しているように思われるのも癪なので、無言で居間から洗面所へ移動する。
 そして――、最新の洗濯機に洗い物を入れて洗剤をセットした後にボタンを押す。
 あとは全自動でやってくれるはず。
 家には無かったけど、最新のはすごく便利だと思いつつも、もう夕飯の時間なのですぐに台所へ向かう。
 幸い、香辛料などもは櫟原さんにお願いしていて、冷蔵庫に入っている。
 洗濯物が洗い終わる間に夕飯を作り終え――、

「高槻さん、夕飯が出来ました。――ところで櫟原さんは?」
「アイツなら、大事な用事が出来たから今は不在だ。何か用事があったのか?」
「――いえ。三人分のお皿の用意が必要かと思って――」
「そうか。それじゃ夕食にするか」
「はい」

 食事を摂る場所は、高槻さんが仕事をしている囲炉裏のある部屋ではなく隣の部屋。
 つまり食堂と隣接している部屋。
 作った料理を並べたあとは、二人して黙々と食事を摂る。

「風呂の事だが、先に入っておけ」
「はい」

 昨日から、お風呂に入っていなかったから、少しでも早くお風呂に入りたかった私は素直に頷く。
   

「嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く