話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。

なつめ猫

ツンデレさんなんですか?




 結局、家具店を周り適当に家具などを見繕い、チェーン展開している外食レストランで食事を摂ったあと、新しい住居となる家に着いた頃には、午後23時を過ぎていた。
 家では電気代節約ということで、21時頃には寝ていたので正直言って睡魔は限界に達していた。
 さらに、久しぶりの外食という事もあり半年ぶりのお肉を食べた事で、私の満腹中枢神経は満足してしまったらしく、神社に到着する前に意識は途絶え途絶えに!

「宮内さん」

 何だか私の名前を呼ぶ声が聞こえる。
 でも、眠くて上の瞼と下の瞼が仲良しになってしまっていて、意識も朦朧としていて反応できない。
 
「高槻様、どうしましょうか?」
「まったく――。こいつは……。櫟原、購入してきた布団があったな?」
「はい」
「それをコイツが寝泊まりする部屋まで運んでくれ」
「そうしますと――」
「コイツは俺が連れていく。一応は、この俺に嫁入りするという事になっているからな。別の男が抱き上げていたら色々と不味いだろう?」
「分かりました」

 ――そんな会話がされていたのを私は寝ていたから気が付くことは無かった。
 そして……。



 ――翌朝。

「ここは……」

 私は、ぼーっとしたまま部屋の中を見渡す。
 そして自分が布団の中に入って寝ていることに気が付くと同時に、自分が寝ていた部屋が、アパートでは無い事にハッ! として思い至る。

「ここって……、神社の母屋だよね……」

 一人呟きながら、自身の身嗜みを確認するけれど着ているのは学生服で、スカートなどに皺が出来てしまっている。

「ああっ……」

 クリーニング……。
 絶望! うちにはアイロン掛けは、お母さんが使っていたのが壊れてから無かった。
大家の藤田さんから借りていたけど、借りられる距離じゃないし……。

「どうしよう……」
「起きたか」

 両手で頭を抱えていると、二人の男が襖を開けて入ってくる。

「宮内さん、起きられましたか?」

 そう紳士的に語り掛けてきたのは櫟原さん。

「はい。何か、昨日はすいません」
「いえいえ。気になさらずに」
「それに用意してもらった布団や私のことも此処まで運んでくれたんですよね?」
「布団を運んで敷いたのは私ですが、宮内さんを、この部屋まで運んだのは高槻様です」
「――え?」
「ふん。一応、お前は俺に嫁入りするという体裁をとっているんだ。別の男に抱えさせて運ばせるような真似を第三者が見ていたら困るだろう? だから、俺が運んだんだ」

 ……そう……なんだ……。

「ありがとうございます」

 何と言うか、あれだよね?
 高槻って人はツンデレ? ツンツン? そんな感じがする。
 言葉遣いや態度こそ粗野だけど、本当のところはそうでもないような?

「礼はいい。それよりもだ。まずは朝食の準備と境内の掃き掃除をしておいてくれ」
「分かりました」

 制服のまま、私は朝食をササッと作る。
 幸い、台所などの水回りはリフォームをした際に新調されたようで、ステンレス製のシステムキッチンに、大型の冷蔵庫にオーブン、電子レンジと言ったモノまで揃っている。
 これなら大抵の料理は出来る。

「えっと……、冷蔵庫は…………えっ?」

 何と! 冷蔵庫の中は空っぽ。
 これで朝食を作れとか無理!
 一体、男性陣は普段は何を食べているの? って思うくらい。

 これでは何も作れない。
 報告に向かう為に、台所から彼が居るであろう居間に入ると、ちょうど眼鏡を掛けた彼がノートパソコンに向かいあって何かをしていた。
 眼鏡をするだけで雰囲気がすごくやわらかく感じたのは気のせいではないと思う。
 ハッ! として気を取り直して――、

「――あ、あの高槻さん」
「総司と呼べ」
「――で、でも……」

 男の人を下の名前で呼んだことの無い私にはハードルが高い。

「一応、外向けにはお前は俺のところに嫁入りするという事になっているんだ。苗字で呼んでいたら不審に思われる。仕事だと割り切って呼べばいい」
「……分かりました」

 それなら、それで仕方ない。
 意識を切り替えて仕事として――、

「総司さん」
「なんだ?」
「冷蔵庫の中身ですけど、何も入っていません」
「……」
「……」

 二人して無言で少し見つめ合う。

「おい! 櫟原!」
「何でしょうか? お呼びでしょうか?」
「莉緒が冷蔵庫に何も入っていないと言っているぞ?」
「冷蔵庫の中身は、高槻様が店で買い物をしてくるから任せろと言っておりましたので――」
「……そういえば、そんなことを言った気がするな」
「はい。思い出していただけて幸いです」
「……」
 
 無言で私を見てくる高槻さ――じゃなくて総司さん。

「朝食は櫟原に何か買いに行かせる。食べられないモノとかはないか?」
「はい。何でも大丈夫です」
「そうか。櫟原」
「分かっています」

 すぐに母屋から出ていく櫟原さん。

「お前は境内の掃き掃除でもしておいてくれ。それと、その箱の中に仕事着が入っているから、それを着て仕事をするようにな」
「分かりました」

 箱を開けると、そこには綺麗に折りたたまされた巫女衣装が入っている。
 もちろん、白い草履も入っていて――。

「着付け方は分かるか?」
「はい」
「そうか。なら早く仕事に取り掛かってくれ」

 それだけ言うと、総司さんの視線はノートパソコンの画面に向かってしまう。
 その表情は真剣そのもので――、

「失礼します」

 私は居間から出ると自分の部屋に戻り、巫女衣装に着替えたあと母屋を出て境内へと向かう。
 そして境内を見て思う。
 境内は、すごく綺麗で掃除する場所なんてどこにもないのにと。





「嫁ぎ先の旦那様に溺愛されています。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く