パンダさん金科玉条

小早川義夫

パンダさんの侵略者を撃て(前)

遠い宇宙の果て何万光年の彼方から、ヤツラはやってきた。
美しいミドリの地球を目指して。
世界を暗黒とカオスに染める凶悪エイリアン襲来!

悪の帝王率いるUFO軍団は、ゆっくりと地上に降り立った。
上空から偵察したところ、大した文明もなさそうだ。
この分じゃ自慢の長距離弾道ミサイルをブッ放つまでもない。
「おとなしく降伏すれば命だけは助けてやろう」
悪の帝王は残忍な笑みを浮かべて、交渉使節団派遣を命じた。

二体のエイリアン全権大使は真っ暗な森の中を進んでいます。
「ところで、地球の支配者って知ってるか?」
「さあ?でもたぶん、目と口があるだろうから判るさ」
その時、足元でガサガサッと音がした。
草むらからニョロニョロとヘビがはい出したのです。
エイリアン、ビックリ仰天!
「コイツ、ホントに目と口しかねえっ!」
さすがに地球の支配者でなさそうだ。だけどとりあえず拘束。
森を抜けたところで夜が明けてきました。
コケコッコーっ!
「警報サイレンだと?くそっ、発見されたかっ」
さにあらず、ニワトリが朝を告げたのです。
エイリアンも驚いたが、ニワトリはもっともっと驚いた。
パニクって逃げ去ってしまいました。
「ケッ、とんだチキン野郎だぜ」

どうやらこのあたりが首都のようだな。
エイリアンは捕虜のヘビを尋問します。
「おい、地球の支配者は誰だ?」
「シハイシャ?」
くそっ、そこからか!支配者ってのはなあ・・・
それから小一時間ほど、支配者の概念とか定義やらを説明しました。
だけどヘビは舌なめずりするばかりで、チンプンカンプン。
爬虫類の頭脳でヘビは一生懸命考えました。
強くてエラいヤツのことだな・・・
だったらライオンでしょう。
けど、ライオンは今頃まだ寝ている時分。
寝起きの悪いライオンに、こんな変なヤツラ連れてったら怒られる!
ヘビは恐る恐るたずねます。
「何をしに行くの?」
「降伏勧告・・・って判らんだろうが、まあ話し合いだ」
なあんだ、会ってオハナシがしたかったのか。
だったら、怖いライオンでなくてもいいじゃん。
そうだ、パンダさんを紹介してあげよう。
何といっても、パンダさんは人気者!
ファンも多いから、こういうミーハーの扱いには慣れてるだろうし。
そのほうがコイツラだって喜ぶだろ、ゼッタイ!
ヘビはエイリアンを、パンダさん家に案内しました。


恐るべきエイリアンの襲来!
地球最大のピンチ!
パンダさん、絶体絶命!

「パンダさん金科玉条」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く