パンダさん金科玉条

小早川義夫

パンダさんの大冒険~勇者の帰還~

パンダさんの旅は続く。

パンダさんはケモノ道をズンズン進みます。
”大きくて丸い”を証明するために!
このままどこまでもどこまでも真っ直ぐに進んでいけば、
ぐるっと一周回って、アラアラ不思議!
ちゃあんと元のナワバリへ帰れるのです。
「月よりの使者」キレイなおねえさんがウソつくハズがないっ!
パンダさんはカタクナに信じていました。
でも、お腹が空いてきた。
奥さんの作ってくれたお弁当は食べちゃったし、
オヤツは500円までなのでもう残り少ない。
おテントウ様が西の山に沈んでいきます。
カラスがお家に帰っていきます。
パンダさん、心細くなっちゃった。
どうしよう。今日中に戻れるかなぁ。

やっとのことで森を抜けました。
ぱあっっと視界が開けたのです。
大きな池!いや、もっともっと大きな池!
そりゃあもう、向こう岸が見えないのです。
パンダさん、初めて見る景色にしばしボーゼン!
パンダさんは感動しました。なぜだか涙が止まりません。
水辺に優美に浮かぶハクチョウが不審に思い声をかけてきました。
「どうかしましたか?」
「こっこんな大っきな池は初めて見た!」
「ははあ、これは湖ですよ」
ミズウミ?
ハッ、聞いたことがあるぞ!
そうだ、井の中のカワズが言ってた。
森の池より、もっともっと大きいのが”海”だと。
海は七つあるんだ。“黒い海”とか“死んだ海”だの。
そしてその水はなぜだか塩でショッパいと。
まさしく、これが海なんだ!
さっそくパンダさんは水をすくって飲んでみました。
ん?ショッパくないぞ。カワズのウソツキ!
あ、待てよ。ハクチョウは”ミズウミ”と言ったな。
そうかここは、塩水じゃないんだ。“水の海”なんだ!
未知なる八番目の海だったんだ!
スゴイ!スゴイ!これは大発見だあっ!

パンダさんはうれしくなって、湖にそって歩きます。
もう怖れるものは何もない。
唄ったり踊ったりスキップしたりしてドンドン行こう。
するとっ、どうでしょう!
何と何と、さっき通ってきた森の出口まで戻ってきたではありませんかっ!
ああっ!
パンダさんは叫びます。
「月よりの使者」おねえさんの言葉は真実であった。
ボクたちのいるこの場所は”大きくて丸い”んだ!
それをこの目で確かめた。
ぐるっと一周回ったらホントに元の場所に帰ったんだ!

パンダさんの胸の奥から熱いモノが込み上げてきました。
やったーっ、やったぞーっ!
パンダさんは駆け出します。懐かしい我が家へ。
奥さんと娘を抱きしめ、いっぱいいっぱいお話しよう。
パンダさん、息せき切って急ぎます。
晩ごはんに間に合いますように!


パンダさんの大冒険!
それでも地球は回っている!

・・・・・・・・・・To Be Continued

「パンダさん金科玉条」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く