パンダさん金科玉条

小早川義夫

パンダさんのワイルドスピード(後)

地上最速を決めるウマのレースは大人気!
今では毎週土曜日に定期的に行われます。
スリルと興奮!
ウマの走りには荒々しい躍動感がありました。
そして逃げ・先行・差し・追い込みといったレース展開。
目まぐるしい逆転のドラマに皆は熱狂!
誰が勝つかわからない!
そう、ウマたちの実力は伯仲していました。
そして単に走るのが速いだけでなく、
その日の体調・天候や馬場状態までもが、勝敗を大きく左右するのです。
初代チャンピオンのアシゲは次戦でクリゲに敗れました。
第一人者を自認していたクロカゲは三戦目にしてようやく初勝利。
他のウマも実戦を重ねる毎に手強くなってきている。
これには理由があります。
勝ち馬は一躍人気者となり、馬主も大喜び。
ご褒美にニンジンの大盤振る舞い!
四戦目からは各馬主が持ち寄ったニンジンを勝者が総取りに!
さらに見物客からのプレゼントも全部贈られました。
何しろ野生の王国は「弱肉強食」ですから、勝てば官軍。
敗者は敗者。ハナ差の二着だろうが、ビリと同じなのです。
なので連勝複式とか三連単だのワイドとかいった、ヤヤコシイ仕組みはない。
勝ち馬が全部持っていく!のです。
でも、いくらウマとはいえ、膨大な量は食べきれません。
そこで勝ち馬は余った賞品を応援してくれた見物客に分けました。
これがまた大好評!持ってきたプレゼントが数倍になって返ってくる。
こうなると応援側にも力が入る。真剣です。
今までは単にレースを楽しむだけでしたが、儲かるかもしれない。
各ウマを好き嫌いでなく、純粋に能力で判断します。
その他、体調・天候・馬場状態から前走の成績まで参考にせねばなりません。
馬場にはノミの予想屋まで出没する始末。
ウマのレースは空前の盛り上がりを見せたのです。


さてパンダさん、ようやく登場。
パンダさんもまたこのビッグウェーブに乗っかろうと、馬場に来た。
本日も超満員。そして表彰台には各自持ち寄った賞品が山積み。
パンダさんの賞品は売れ残りのパン一斤。
フフフ、これが帰りには酒やらお菓子なんかに化けるのだ。
パンダさん、さっそく出走表を確認して検討します。
パドック覗いたりしたけど、正直よくわかんない。
でも最近好調のクリゲが勝ちそうな気がしました。
皆もそう思っているのでしょう。
あたりを見回すとクリゲの応援団でいっぱい。
やっぱり、そうか!
パンダさんは安心してクリゲに投票しようと・・・まてよ。
クリゲの応援はたくさんいます。
クリゲが勝ったとして、あの賞品はコイツラと分けねばなりません。
分け前が少なくなっちゃう。
それに比べてアオカゲ!誰も賭けていない。
まあ、一度も勝ったことがないから無理もありません。
だけどだけど、勝負は時の運!レースに絶対はない。
未勝利といったところで差はせいぜい数馬身。誤差の範囲内だ。
そうだ、これまでにも一番人気がコケることは何度もあった。
しかも今日は小雨模様で気温も低い。馬場は不良。
ドロがはねて思うように走れないでしょう。
先頭集団が転倒でもすれば、あるいは・・・
パンダさんはアオカゲに賭けました。
勝てば総どり!ひとり占め!
パンダさんは馬券を握りしめ天に祈ります。
生まれて初めて神様の存在を信じました。
アオカゲ、来い!

レースがスタート!
何とアオカゲ、真っ先に飛び出した。
よし、行けっ!
パンダさん、金網つかんで絶叫!
ところがアオカゲ、ドロに足を取られたか外に振れカゲと接触、
そのまま三頭をまきこんで転倒!レースは大荒れ。

パンダさんの夢は、はかなく散った。


パンダさんのワイルドスピード!
ギャンブルは、程よく楽しむ大人の遊び!

・・・・・・・・・・To Be Continued

「パンダさん金科玉条」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く