パンダさん金科玉条

小早川義夫

パンダさんのワイルドスピード(前)

野生の王国には、たくさんのウマがいます。
ウマは働き者でした。荷物運んだり畑を耕したり。
何しろ、ウマ一頭で出来ることが「馬力」という基準になるくらい。
ウマは毎日、馬車馬の如く働いていました。
そんなブルーカラーの彼等ですから血気盛ん!
夜ともなれば厩舎で宴会、大騒ぎ。果てはケンカも日常茶飯事。
今宵も一頭が口火を切る。
「この中で一番速いのは?」
さあ、カンカンガクガクの大激論!
皆が俺だ俺だと主張し譲らない。あわや血を見る惨事!
長老シロゲが事態の収拾に乗り出し一喝!
「実際に走って決めろ」

レースは公開で行われました。
最速のウマは誰だ!
それは他の動物たちにとっても興味深い。馬場は超満員。
エントリーしたのは、
カゲ・クロカゲ・アオカゲ・アオゲ・クリゲ・アシゲ!
戦前の予想では、荷車引いてるクロカゲが一番人気。
天候は晴れ。良馬場。
実況はオウムです。

各馬ゲートインから一斉にスタート!
アオゲがちょっと出遅れたか。
第二コーナーを回ったところで先頭はクロカゲ。
一馬身ほど離れてクリゲ、さらに一団となって、
アオカゲ、カゲ、アオゲ、アシゲが追う展開。
さあ、第三コーナーまわって第四コーナーにかかる。
ここで、おおーっと、
最後尾からアシゲがグングン出てきた!
アシゲ速い、速い!トップのクロカゲも懸命に逃げる。
最後の直線コースに入った。もう差はほとんどない。
並んだ、並んだ!残り・・・抜いた!
アシゲ、大逆転で一着ゴールイン!

何と何と勝ったのは誰も予想しなかったアシゲ!
アシゲは「最速」の称号を得、喝采を浴びます。
おまけに馬主からご褒美にニンジンをタンマリ。
一方、敗れたクロカゲは悔しくてたまらない。
ずっと一着だったのに、ゴール直前で差されたのですから。
納得いかないクロカゲは憤然と再戦を申し込みます。
見物客もまた、意外に実力が拮抗していることを認めました。
次はどっちが勝つかわからない。
いや、三着以下に終わったウマにも充分チャンスはある。
アシゲ、表彰台の上でマイクをつかんで絶叫!
「俺がチャンピオンだ!
 いつ何時、誰の挑戦でも受ける!
 イチ、ニッ、サン、ダァーッ!」


ひええぇーっ!何てこったい!
今回、パンダさんの出る幕なかったぁーっ!

「パンダさん金科玉条」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く