パンダさん金科玉条

小早川義夫

パンダさんのライバルを倒せ

パンダさんのパン屋さん、なかなかの評判です。
パンが美味しいのはもちろん、
主パンダさんのヒョーキンぶりも人気の一因。
店は大通りに面しているので、通期通学客でいっぱい。

ところが、です!
順風満帆だった経営に冷水をブッかける事態が勃発!
何と何と、ロバがパン屋を始めたのです。
ロバは荷車にパンを積み、あちこち移動してパンを売ります。
その際、大声でCMソングまで唄うのです。
権利団体がウルサイので、ここではあえて紹介しませんが、
歌が面白いと子供たちにミリオンヒット!
ロバのパン屋は大繁盛です。

思わぬライバルの出現に、パンダさんは大慌て。
このナワバリでは競合を避けるため、同じ業種は出店できないオキテがある。
憤然とパンダさんは抗議しました。
しかし、ロバはニヤリと反論。

場所を定めず移動しながらの販売。
店を構えているわけではない。
出店を禁じたオキテには抵触しない!

法の盲点をついてきたのです。
パンダさん、グウの音も出ない。
そもそも、野生の王国。
最低限のオキテはありますが、まあ弱肉強食。
やったもん勝ち、勝てば官軍なのです。
正当性を主張するなら、ロバより売り上げを伸ばすしかないのです。

対抗するため、パンの値引きを始めました。
するとロバは更に安い価格で売るのです。
これでは赤字になってしまう。
パンダさんにも意地があるので、
まさかプロモーションの応援を、黄色いのや居候に頼めません。
代わりに奥さんを店頭で踊らせましたが、近所からヤカマシイと苦情。
もう、ダメだ!何をやってもロバに負ける。
進退窮まったパンダさん、遂に禁断の手に出ます。
ロバへのネガティブキャンペーン!

ロバは運送業時代、
配達中の塩を流出させる事故を複数回起こしている。
ところが、これは単なる事故ではなく、故意によるもの。
川を渡る途中、同じ場所で転んでいると判明したのだ。
こんな卑劣なロバのパン屋許すまじ!

ロバは必死に釈明しました。
それは別ロバだ!
そのロバは綿を輸送中やはり川で転んで水死している。

しかし一旦、世に出たスキャンダルは容易なことでは拭えません。
別ロバとはいえ、一族の汚点。
ましてロバはCMソングの好感度で売り出したのですから、
イメージダウンは致命傷でした。
泣く泣くロバはパンダさんの軍門に下り、別のナワバリへ去りました。

パンダさん、してやったり!
これでナワバリのパンは独占だあっ!

数日後、ナワバリにスーパーマーケットがオープン!
テナントに、魔女のパン屋が出店しました。


パンダさんのライバルを倒せ!
商売繁盛、笹持ってこい!

・・・・・・・・・・To Be Continued

「パンダさん金科玉条」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く