パンダさん金科玉条

小早川義夫

パンダさんの暗夜行路

パンダさんは、となりの里のオバさん家を訪ねました。
久しぶりだったので大いに歓待され、お酒呑んだりゲームしたり。
すっかり遅くなって夜も更けてまいります。
オバさんは泊まっていけと言ってくれましたが、
何分、奥さんが怖いパンダさんはソソクサと帰ることにしました。

パンダさん、ランタンを借りてトボトボ歩きはじめます。
となりの里はそんなに遠くはありませんが、
“どうぶつの森”を通らねばなりません。
鬱蒼とした原生林で、ケモノ道しかないのです。
パンダさん、だんだん心細くなってきました。
そう、ここは“出る”のです。
夜道のひとり歩きは危険がいっぱい!
とは云えパンダさん、オバケは怖くありません。
一つ目小僧とか、ろくろっ首とか、ノッペラボウなんてのは、
どうせタヌキが化けているのですから。
ネタが割れてるのに驚くもんですか。
それよりも、ウワバミとかカマイタチだの、
シャレの通じない連中がヤッカイなのです。

パンダさんは恐る恐る歩を進めます。
ビビッてることを悟られないよう、大声で笑ったり唄ったりしながら。
草木も眠る丑三つ時、ようやく森の出口が見えてきました。
ここまで来れば、もう安心!
パンダさん、愛しい我が家へと急ぎます。
と、その時・・・
柳の木の下で気配を感じました。
誰かがうずくまっているようです。
それは、髪の長いスレンダーな女のひとでした。
黒っぽい服を着て、背中を向けシクシク泣いているのです。
顔は見えませんが、若くてエレガントな感じがします。

パンダさんの胸がドキンと高鳴りました。ゴクリ、唾を呑みます。
キレイなおねえさんが泣いている。かわいそう。慰めてあけようか。
でも、でも、こぉんな夜更けに、こぉんな場所で、ひとりっきり・・・
パンダさんは無言でその場を通り過ぎました。
アレが一体、どうしたのだろう。よほどの事情、深入りしてはイケナイ。
スタスタと数十メートル進んだところで、パンダさん、やっぱり気になる。
引き返してみると、やはりおねえさんはシクシク泣いていました。
スマホ握りしめて肩が震えています。
哀愁を帯びた背中は儚げで、いまにも消え入りそう。
パンダさんはそのままやり過ごし、二十歩程でまた戻ってきました。
よぉく観察します。おねえさんはまだシクシク泣いている。
泣かないで!ボクまで悲しくなっちゃう!
かくてパンダさん、泣いてるおねえさんの側を行ったり来たり。
実に十三往復!
その結果、重大な真理に達したのです。
かかか彼女は、こっこの世のものでは、なあいっ!
小心者のパンダさんですが、意を決して声をかけます。
おねえさん、大丈夫?

シクシク泣いていたおねえさん、ゆらゆらと立ち上がり、
物憂げに振り向くと・・・

ほっといてよ、バカ!
しつこわね、ストーカーなの?
もう、あっち行って!


パンダさんの暗夜行路!
幽霊の正体見たり枯れ尾花!

・・・・・・・・・・To Be Continued

「パンダさん金科玉条」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く