パンダさん金科玉条

小早川義夫

パンダさんのアウトブレイク

アンニュイな午後。
パンダさんはソファに寝そべりポップコーンをほおばっていました。
ポップコーンはこうしたダラダラした空間には最適のオヤツなのです。
パンダさんくらいの“通”となると、普通の食べ方はしません。
さっきから親指でポップコーンを真上に弾き、空中で口で受け止めています。
おっと、コントロールが外れた。
ポップコーンが床に落ち、転がっていきます。
これはイケナイ!
慌ててパンダさんはテーブルの下に潜り込みます。
あった!あったぞーっ!
パンダさんは歓喜のあまり、思いっきり立ち上がったのです。

ガツン!

フト、パンダさんは目を醒ましました。
あたりはすっかり暗くなっています。
はて何時頃だろう?
パンダさんが起き上がろうとすると、

ズキン!

あっ頭が痛いではありませんかっ!
痛い!イテテテテ・・・
どうしたんだ?なぜ、こんなにアタマが痛いんだぁ!
こんなことは初めてです。
パンダさんの胸にドス黒い嫌な予感が広がっていきました。
頭痛だけでなく悪寒がし動悸息切れ気持ちが悪い。
こっ、これはっ!
びょびょびょ病気ではないかっ?
それも今チマタでウワサの、あの・・・
何てこったい!

パンダさんは悲痛な覚悟を決めました。
こうなってしまったらもう家を出よう。
愛する妻や娘に感染させる訳にはイカナイ。
パンダさんはPC内のフォルダを全消去するなど身辺整理。
別れがツライので黙って裏口から出ようと・・・
バッタリ奥さんと出くわしたのです。
「出かけるの?」
パンダさんは言葉になりません。目にいっぱい涙を浮かべて棒立ち。
これには奥さんもビックリ!
「どうかしたの?お腹でも空いたの?」

何でもない、ヤギさんのとこへ行ってくる。
パンダさんは振り切るように家を飛び出しました。
ボクがいなくなっても君なら大丈夫だ。
だけどだけど、決してあの黄色いのや居候にヨロメくでないぞ!

Dr.ヤギはお医者さんです。
パンダさんは事実の公表を決断しました。
身を犠牲にして動物界に警鐘を鳴らそうとしたのです。
パンダさんは使命感に燃え、Dr.ヤギに訴えました。
「アタマが割れるように痛いのです!」
ふむ、ちょっと診てみましょう。
Dr.ヤギは慎重に患部を調べます。
「ははあ、コブができてますな・・・」


パンダさんのアウトブレイク!
今この瞬間を完全燃焼し未来を見据えるパンダさん!
当然、過去の事なんて振り返らないし憶えちゃいないぜ!

・・・・・・・・・・To Be Continued

「パンダさん金科玉条」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く