パンダさん金科玉条

小早川義夫

パンダさんの探偵物語・解

Ladies&Gentleme!さぁさ、お立合い!
君たちが今宵この場所に集まった理由は、もうご存知でありましょう。
そうです!まさにこの部屋で勃発した、身の毛もよだつマカ不思議!
エクレア消失事件!
しかし、謎はすべて解けた!
いかにして不可能は可能となったか?
これから皆様に真相をお話ししましょう。

事の発端はこうであります。
ボクが奥さんに頼まれてエクレアを6個買ってきました。
いいですか!6個ですよ、6個!
包みをリビングのテーブルに置き、ボクは二階へゲームを取りに行ったのです。
そうして降りてくると、何とエクレアは既に消えていた!
その瞬間、リビングは開けっぴろげでした。
すなわち、誰にでも犯行のチャンスはあったのです。
そもそもエクレアを買ってきたのは、レッサー一家が遊びに来るからでした。
レッサーとは家族ぐるみのお付き合い。
なので気軽にホイホイと訪ねてきます。
当時ボクは二階、奥さんは洗濯でした。
レッサーは気にせずズケズケとリビングまで入ってきたのでしょう。
テーブルの上にエクレアがあります。
ははぁ、今日のオヤツはコレだな。レッサーはそう思ったに違いない。
しかし、世帯主はなかなか現れません。
お腹が空いていたレッサーは、
どうせ後で食べるんだ、ならば今でもいいだろう。
と、全部平らげてしまったのです!
嗚呼、何ということでしょう。
エクレアは6個なのです。
ボクと奥さんに赤ん坊、それとレッサー夫婦と娘、全員の分で6個!
しかもボクは2個食べるので、子供たちは半分こでギリギリなのです。
この衝撃の事実ををレッサーは知らなかった。
レッサー、君はいつもボクたちと仲良くしてるけど本心ではあるまい。
動物界のアイドル、ボクたちに嫉妬していたハズだ。
なぜなら先に発見されたにもかかわらず、パンダの称号をボクたちに奪われ、
あまつさえパチモン扱いされているのだからね。
いつか復讐のイヤガラセを狙っていたのだろう。
でもなレッサー、嫉妬はみっともないぞ。
それではニンゲンに媚びる、黄色いのや居候なんかと同レベルだ。
しかしレッサー、君の知らない重大な秘密を教えよう。
そのエクレアは50円引きシールが貼ってあったのだ。
なぜかって?それはね、
消費期限が今日までだったからだよ!
わーはっはっはっはーっ!


パンダさんは頭から水をぶっかけられた。
顔を上げると、奥さんとレッサー一家の呆れ顔。
何とパンダさん、リビングで待ちくたびれ
勝手に酒盛りをはじめ、エクレア全部たべちゃってクダ巻いてたのだ。
パンダさんには奥さんからキツいオシオキが下された。
それからパンダさんたちはレストランで豪華なディナー。
罰としてパンダさんのオゴリだ。


パンダさんの探偵物語
真実を知ることが必ずしも幸福にはつながらない。
沈黙もまた愛のかたちである。

・・・・・・・・・・To Be Continued

「パンダさん金科玉条」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く