パンダさん金科玉条

小早川義夫

パンダさんの探偵物語

どんよりとした鬱陶しい梅雨空であった。
ジメジメと蒸し暑くブルーな気分。
どこやらから流れる流行歌が妙に耳に響く。
アンニュイな午後。
事件が起きた!

パンダさんは茫然と立ち尽くしていた。
白昼堂々、大胆な犯行。
何と何と、買ってきたばかりのエクレア6個が消失したのだ。
いったい何故?誰が?どうやって?

あらましは次のとおりである。
パンダさんは奥さんからオツカイを頼まれた。
午後から友達のレッサー一家が遊びにくる。
もてなしのオヤツに、パンダさんはエクレアをチョイスした。
もちろん、パンダさんの大好物だ。
レッサーは夫妻と娘がやって来る。
パンダさん家には奥さんと赤ん坊。
なのでパンダさんはエクレアを6個購入した。
(この事実は重要なので記憶しておこう)
ウッキウキで帰宅したパンダさん、早速準備に取り掛かった。
久しぶりなので一杯やろう。酒やオツマミも用意万端。
そうだ、ゲームをしよう!
去年のクリスマス、やはりレッサー夫妻を交えてのパーティー。
「人生ゲーム」でパンダさんはコテンパンにヤラれた。
奥さんにも見捨てられ破産“貧乏農場”にブチ込まれた。
あの悔しさは忘れはしない。
コノウラミハラサデオクベキカ!
飛んで火に入る夏の虫!リベンジの絶好のチャンス!
パンダさんは屋根裏に封印した「人生ゲーム」を運びだした。
そうしてリビングに戻ってきたら・・・
テーブルの上に置いたハズのエクレアは忽然と消えていた・・・

捜査は難航を極めた。
犯行はわずかなスキをついて短時間で繰り広げられたようである。
パンダさんの奥さんは洗濯物を干していた。赤ん坊は寝ている。
ある瞬間、エクレアはまったくの無防備な状態であった。
当時、リビングは開けっぴろげ。
キッチンダイニング、寝室、子供部屋・・・どこからでもアクセスできる。
昼間のことで玄関にカギもかかってないから、外部からの侵入も容易であろう。
すなわち、誰にでも可能だったのだ。
となると・・・?


*パンダさんからの挑戦状

フッフッフッ!君にこのトリックが判るかね?
謎はずべて解けた!
年貢の納め時だ。
首を洗って今夜は震えて眠れ・・・


「パンダさん金科玉条」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く